G Web Development Software​を​使用​し​て​既存​の​アプリケーション​を​Web​対応​に​する​方法

G Web Development Software​に​付属​し​て​いる​SystemLink™ API​を​使用​すると、​Web​ユーザ​インタフェース​と​既存​の​アプリケーション (LabVIEW、​Python、​C#​を​実行​し​て​いる​アプリケーション) と​の​間​で、​安全​に​データ​を​共有​でき​ます。

G Web Development Software​で​できる​こと

複数​の​デバイス​で​実行​さ​れ​て​いる​既存​の​アプリケーション​から、​G Web Development Software​を使用して作成された​Web​アプリケーション​に​データ​を​簡単​に​送信​でき​ます。​Web​アプリケーション​を​使用​すると、​ユーザ​および​他の​関係​者​は​既存​の​アプリケーション​を​再​開発​し​なく​て​も、​複数​の​サイト​の​状態​と​正常​性​を​より​効率​的​に​監視​でき​ます。

G Web Development Software​を​使用​する​こと​の​メリット

付属​の​SystemLink API​を​使用​した​直感​的​な​データ​通信

SystemLink API​は​作成​済み​の​データ​通信​API​です。​この​API​を​使用​すると、​複数​の​アプリケーション​間​で​データ​を​安全​に​共有​でき​ます。​LabVIEW、​Python、​C#​を​実行​し​て​いる​既存​の​アプリケーション​に対して​読み取り/​書き込み​を​行​って、​WebVI​に​データ​を​公開​する​こと​が​でき​ます。

NI Web​サーバ​向け​に​セキュリティ​と​アクセス​制御​を​簡単​に​構成

付属​の​NI Web​サーバ​向け​ガイド​付き​セットアップ​ユーティリティ​を​使用​すると、​WebVI​と​既存​の​アプリケーション​間​で​データ​を​共有​する​ため​の​セキュリティ​と​ユーザ​アクセス​を​簡単​に​構成​および​カスタマイズ​でき​ます。