オートメーション​ハードウェア​および​アプリケーション​に​特​化​した​IP​を​使用​し​て​システム​を​拡張​する​方法

Vision Builder for Automated Inspection(AI)​の​構成​可能​な​ハードウェア​通信​メニュー​により、​ビジョン​システム​と​他の​オートメーション​ハードウェア​または​画像​処理​IP​を​容易​に​統合​でき​ます。

Vision Builder AI​で​できる​こと

Vision Builder AI​は、​NI-​DAQmx、​TCP、​Modbus、​OPC UA​など​に​対応​した​IP​統合​ステップ​と​構成​可能​な​ハードウェア​通信​を​提供​する​こと​により、​カスタム​IP​を​統合​する​時間​を​短縮​でき​ます。

VISION BUILDER AI​の​メリット

他の​計測​や​ハードウェア​を​統合​し​て​システム​機能​を​拡張

画像​データ​を​プログラム​の​他の​要素​と​相関​付け、​構成​可能​な​メニュー​を​使用​し​て、​合否​判定​や​制御​出力、​センサデータ、​オートメーション​ハードウェア​など​の​ビジョン​検査​結果​を​統合​でき​ます。

カスタム​IP​を​統合​し​て​画像​処理​ツール​を​拡張

アプリケーション​に​特​化​した​IP​を​LabVIEW​で​開発​し、​Vision Builder AI​に​統合​する​こと​で、​特定​の​画像​処理​要件​を​満たす​こと​が​でき​ます。