VeriStand​を​使用​し​て​テスト/​検証​システム​を​開発​する​方法

VeriStand​を​使用​すると、​リアルタイム​I/​O​の​構成、​プラグ​イン​の​作成、​モデル​の​イン​ポート​および​シミュレーション、​リアルタイム​テスト​の​自動化​が​簡単​に​行​え​ます。

VeriStand​を​使用​し​て​テスト/​検証​システム​を​開発​する

VeriStand​は、​プログラミング​が​不要​な​開発​環境​で、​リアルタイム​テスト​アプリケーション​を​より​効率​的​に​作成​する​ため​の​ソフトウェア​です。​アナログ、​デジタル、​プロトコル、​および​FPGA​ベース​I/​O​の​インタフェース​を​構成​した​り、​LabVIEW​や​他社​製​の​モデリング​環境​から​制御​アルゴリズム​および​システム​モデル​を​イン​ポート​した​り​する​こと​が​でき​ます。​また、​VeriStand​は​カスタム​デバイス​で​拡張​した​り、​LabVIEW、​TestStand、​Python​といった​ソフトウェア​環境​と​統合​する​こと​が​でき​ます。

VeriStand​を​使用​する​こと​の​メリット

リアルタイム​I/​O​を​構成​する

高速​データ​収集、​車両​ネットワーク、​FPGA​ベース​の​再​構成​可能​な​I/​O​用​に​リアルタイム​I/​O​インタフェース​を​構成​し​ます。

プラグ​イン​を​作成​し​て​機能​を​拡張/​追加​する

カスタム​デバイス、​ツール、​および​ワーク​スペース​オブジェクト​で​VeriStand​環境​を​拡張​する​こと​が​でき​ます。

モデル​を​イン​ポート​および​シミュレート​する

LabVIEW、​The MathWorks, Inc. Simulink®​といった、​様々​な​モデリング​環境​から​シミュレーション​モデル​を​イン​ポート​し​ます。​また、​ANSI C、​C​+​+といった​プログラミング​言語​から​コンパイル​済み​コード​を​イン​ポート​する​こと​も​でき​ます。

リアルタイム​テスト​オートメーション​を​実装​する

Python、​TestStand、​その他​の​テスト​管理​ソフトウェア​を​使用​し​て、​リアルタイム​シーケンス​および​刺激​信号​プロファイル​を​開発​し、​テスト​プロセス​を​自動化​でき​ます。

Simulink®​は​The MathWorks, Inc.​の​登録​商標​です。