Vision Development Module​を​使用​し​て、​FPGA​で​高速​画像​処理​を​実行​する​方法

Vision Development Module​に​含​ま​れる​FPGA​画像​処理​IP​を​使用​し​て、​高い​生産​スループット​と​確定​的​制御​を​実現​し​ます。

Vision Development Module​で​できる​こと

40​個​以上​の​FPGA​画像​処理​アルゴリズム​により、​高速​の​画像​処理​および​制御​を​カスタマイズ​でき​ます。​LabVIEW​内​の​グラフィカル​開発​環境​を​使用​し​て、​高速​かつ​確定​的​な​画像​処理​と​制御​を​製造​現場​に​実装​でき​ます。

VISION DEVELOPMENT MODULE​の​メリット

FPGA​画像​ストリーミング​用​に​カメラ​を​簡単​に​構成

FPGA​上​で​全て​の​処理​を​実行​する​か、​FPGA​と​CPU​間​で​タスク​を​分割​する​か​に​応​じ​て、​適切​な​ストリーミング​方法​を​選択​し​ます。

高速​かつ​高​スループット​の​アルゴリズム​を​FPGA​上​で​使用

40​個​以上​の​FPGA​アルゴリズム​で​必要​な​IP​を​カスタマイズ​し、​FPGA​における​高速​画像​処理​の​プログラミング​を​開始​し​ます。

検査​結果​を​高速​制御​ループ​に​統合

他の​NI​ハードウェア​と​統合​する​こと​により、​検査​結果​に​基​づ​い​て​他の​テスト​ハードウェア​を​制御​する​ため​の​高速​アナログ​出力​または​デジタル​出力​を​提供​し​ます。