現在​の​航空​宇宙/​防衛​分野​における​陳腐​化​の​課題​を​解決​する​ため​の​4​つ​の​アプローチ

概要

航空​宇宙/​防衛​業界​では​「維持​管理」​「陳腐​化​管理」​という​言葉​が​よく​使​われ​ます​が、​その​理由​は​明解​です。​携帯​電話​など、​製品​寿命​が​2​~​3​年​の​従来​の​消費者​向け​製品​と​は​異​なり、​航空​宇宙/​防衛​業界​の​「製品」​は​数​十年​にわたって​製造​および​サポート​さ​れ​ます。​たとえば、​ボー​イング​B-52​戦略​爆撃​機​が​初めて​発表​さ​れ​た​の​は​1954​年​で​した​が、​市場​に​出​て​から​1​世紀​近く​後​の​2040​年​まで​使用​が​継続​さ​れる​見込み​です。​これ​は、​レ​ガ​シー​および、​多く​の​場合​旧式​の​装置​に​基づく​テスト​ステーション​群​を​管理​する​必要​が​ある​テスト​エンジニア​に​独自​の​課題​を​も​たら​し​ます。​テスト​エンジニア​は​テスト​プログラム​セット​(TPS)​の​陳腐​化​の​対処​に、​作業​時間​の​ほぼ​半分​(場合​によって​は​それ​以上)​を​費​や​し​てい​ます。​さらに​厄介​な​ことに、​この​よう​な​TPS​は​たいてい​の​場合、​古い​ソフトウェア​言語​で​記述​さ​れ​て​おり、​ドキュメントはほとんど残されておらず、​作成​者​は​とっくに​引退​し​て​いる​可能性​が​高い​の​です。

 

この​大きな​課題​を​踏​ま​えて、​多く​の​ベンダ​は​テスト​エンジニア​が​次​の​TPS​を​開発​する​の​を​支援​した​いと​考え​ます​が、​それでは​エンジニア​が​現在​直面​し​て​いる​陳腐​化​の​課題​は​解決​さ​れ​ま​せん。​テスト​エンジニア​として、​現在​の​陳腐​化​の​課題​を​解決​する​に​は、​4​つ​の​異なる​アプローチ​を​使用​でき​ます。

内容

反応​型​の​陳腐​化​管理​の​戦略

陳腐​化​に​反応​的​に​対処​する​ため​の​4​つ​の​主​な​戦略​は​次​の​とおり​です。

  • 販売​終了​時​の​最終​受注​の​通知
  • ドロップ​イン​交換
  • 類似​コンポーネント​に​基づく​再​構築
  • 新しい​コンポーネント​の​統合​または​新しい​プラットフォーム​へ​の​移行

 

この​技術​資料​では、​販売​終了​時​の​最終​受注​の​通知​および​ドロップ​イン​交換​に​は​重点​を​置​き​ま​せん。​その​長所​と​短所​が​明らか​だから​です。​どちら​も​エンジニアリング​や​再​検証​の​コスト​は​ほとんど​必要​ありま​せん​が、​多額​の​先行​投資​や​リスク​増加​に​つながる​可能性​が​あり​ます。​販売​終了​時​の​最終​受注​の​通知​では、​供給​リスク​を​100​パーセント​負う​ことに​なり、​その​コンポーネント​の​サポート​が​終了​に​近​づ​い​て​いるか、​完全​に​終了​し​て​いる​可能性​が​あり​ます。​ドロップ​イン​交換​では、​多く​の​場合、​妥当​性​確認​の​作業​が​簡略​化​さ​れ​ます​が、​近い​将来、​別​の​陳腐​化​の​課題​に​直面​する​可能性​が​あり​ます。​これ​は、​レ​ガ​シー​VXI​プラットフォーム​に​基​づ​い​た​計測​器​に​特に​当て​は​まり​ます。

この​技術​資料​では、​後者​2​つ​の​アプローチ​について​説明​し、​現在​の​市場​における​選択肢​を​ご​紹介​し​ます。

図​1. 陳腐​化​の​課題​に​対処​する​ため​の​4​つ​の​アプローチ​は​コスト​と​拡張​性​が​大​きく​異なる

新しい​方法

理想​の​世界​では、​陳腐​化​に​対処​する​とき、​完全​に​新しい​テスタ​を​ゼ​ロ​から​計画​する​ため​に​無尽蔵​の​リソース​を​利用​できる​で​しょう。​しかし​現実​は、​テスト​システム​の​旧式​コンポーネント​に​対処​する​ため​の​時間​も​予算​も​限​ら​れ​てい​ます。​テスト​リーダー​は​資本​予算​を​心配​し​ます​が、​テスタ​の​テクノロジ​を​アップ​グレード​する​場合​は​運用​コスト​も​考慮​する​必要​が​あり​ます。​ウィルクス​大学​の​電気​工学​の​准​教授​で​ある​David R. Carey​博士​が​実施​した​詳細​な​調査​研究​では、​レ​ガ​シー​または​旧式​の​計測​器​の​交換​による​TPS​の​切り換え​費用​は、​TPS​あたり​およそ​150,000​米ドル​で​ある​こと​が​わか​り​ま​した。​様々​な​プログラム​で​使用​さ​れ​て​いる​何​十​という​TPS​に​この​数値​を​掛ける​と、​コスト​は​膨大​な​もの​に​なり​ます。​したがって、​エンジニア​は​でき​れ​ば​常に​最新​の​テスト​プラットフォーム​を​検討​し​て、​妥当​性​確認​の​作業​を​合理化​する​必要​が​あり​ます。​その​よう​な​プラットフォーム​の​1​つ​が​PXI​です。

PCI eXtensions for Instrumentation(PXI)​は、​各種​電子​計測​や​自動​テスト​に​最適​な​PC​ベース​の​テスト/​計測​プラットフォーム​です。​PCI​バス​機能​を​CompactPCI​の​モジュール​式​Eurocard​パッケージ​と​組み合わせ​た​もの​で、​さらに​専用​の​同期​バス​や​主要​な​ソフトウェア​機能​が​追加​さ​れ​てい​ます。​製造​テスト、​航空​宇宙/​防衛、​機械​監視、​自動車、​工業​用​テスト​など​の​アプリケーション​に​適​した​高性能​で​低​コスト​の​実装​プラットフォーム​です。​1997​年に開発され翌年発表された​PXI​は、​PXI Systems Alliance(PXISA)​が​管理​する​オープン​規格​です。​70​社​以上​の​企業​が​参画​する​PXISA​は、​PXI​規格​を​推進​し、​互換性​を​確保​し、​PXI​仕様​を​維持​する​こと​を​目的​として​い​ます。


図​2.
PXI​は、​計測/​オートメーション​システム​用​の​堅牢​な​PC​ベース​プラットフォーム

NI​は​DC​から​ミリ​波​まで、​600​種類​以上​の​PXI​モジュール​を​提供​し​てい​ます。​PXI​は​オープン​規格​なので、​70​社​を​超える​ベンダ​が​1,500​種類​近く​の​モジュール​を​提供​し​てい​ます。​コントローラ​に​標準​の​処理​機能​と​制御​機能​が​搭載​さ​れ​て​いる​こと​で、​PXI​計測​モジュール​に​は​計測​に​本質​的​に​関わる​回路​のみ​を​搭載​す​れ​ば​よく、​省​スペース​でも​従来​型​の​計測​器​と​同等、​もしくは​それ​を​凌駕​する​性能​が​実現​さ​れ​ます。​コントローラ​搭載​シャー​シ​を​採用​した​PXI​システム​では、​PCI Express​バス​インタフェース​を​使​っ​た​高​スループット​の​データ​伝送​や、​極めて​正確​な​タイミング/​トリガ​機能​による​ナノ​秒​未満​の​同期​を​特長​として​い​ます。

市場​調査​の​リーダー​で​ある​Frost & Sullivan​社​は、​2007​年​以降、​産業​テクノ​ロ​ジ​プラットフォーム​の​過去​および​今後​予測​さ​れる​実装​に関する​研究​を​続​け​てい​ます。​2016​年、​Frost & Sullivan​社​は、​実装​さ​れ​て​いる​VXI​システム​の​継続​的​かつ​大幅​な​減少​を​示す​数値​を​発表​しま​した。


図​3.
PXI​の​実装​は​安定​した​比率​で​成長​を​続​け、​テスト​および​計測​プラットフォーム​の​実装​で​優位​に​立ち​続ける

この​VXI​の​実装​の​減少​により、​ベンダ​は​VXI​製品​の​販売​で​経済​を​維持​する​こと​が​困難​に​なり​ます。​対照​的​に、​PXI​の​実装​は​安定​した​比率​で​成長​を​続​け、​テスト/​計測​プラットフォーム​の​実装​で​優位​に​立ち​続ける​で​しょう。​この​理由​から、​PXI​の​よう​な​新しい​プラットフォーム​に​移行​する​代わり​に​ドロップ​イン​交換​を​検討​し​て​いる​場合、​特に​再​検証​を​必要​と​する​場合​は​注意​する​必要​が​あり​ます。

最新​プラットフォーム​へ​の​漸進​的​アプローチ

新しい​プラットフォーム​へ​の​切り替え​は、​多く​の​技術​的​問題​を​もたらす​可能性​が​ある​ため、​リスク​を​伴​い​ます。​たとえば、​VXI​ベース​計測​器​から​PXI​ベース​計測​器​へ​の​小さな​変更​を​行う​と、​ドライバ、​OS、​IDE​の​互換性​など、​TPS​の​ソフトウェア​側​に​重大​な​技術​的​課題​が​生じる​可能性​が​あり​ます。​したがって、​プラットフォーム​を​変更​し、​新しい​テクノロジ​を​使用​する​に​は、​テスト​エンジニア​は​大きな​リスク​を​冒​し​て​「全面​的​に​実行」​せ​ざる​を​得​ない​よう​に​思える​かも​し​れ​ま​せん。​しかし、​複数​の​製品​から​選択​し​て、​PXI​など​の​新しい​プラットフォーム​に​徐々に​移行​する​こと​が​でき​ます。

Astronics Test Systems:PXI-​VXI​アダプタ/​キャリア​を​使用​する​ブリッジテクノロジ

ブリッジ​方式​では、​単一​の​VXI​計測​器​を、​同じ​VXI​スロット​を​使用​し​て​新しい​PXI​計測​器​に​交換​する​こと​で、​既存​の​VXI​インフラ​ストラクチャ​を​利用​でき​ます。​つまり、​インフラストラクチャを変更せずに、​古い​VXI​計測​器​パッケージ​を​新しい​PXI​計測​器​で​1​つ​ずつ​アップ​グレード​できる​の​です。​単一​の​VXI​スロット​で​1​つ​または​2​つ​の​PXI/​PXI Express​モジュール​を​ホスト​できる​ことに​注意​し​て​くだ​さい​(機械​的​プロビジョニング​が​提供​さ​れ​ます)。​また、​ユニット​背面​の​PMC​スロット​を​使用​し​て​信号​調節​ボード​を​追加​し​て、​PXI​モジュール​が​まだ​対応​し​てい​ない​レ​ガ​シー​計測​器​機能​を​置き換える​こと​が​でき​ます。​全て​の​VXI​モジュール​を​交換​したら、​シャー​シ​や​コントローラ​を​簡単​に​交換​でき​ます。​この​陳腐​化​の​漸進​的​な​移行​計画​は、​予算​要件​が​厳しい​プログラム​や、​ステーション​の​ダウン​タイム​を​最小限​に​抑え​たい​プログラム​に​適​し​てい​ます。


図​4.
ブリッジ/​キャリア​経由​で​PXI​モジュール​を​VXI​システム​に​接続​する​ため​の​一般​的​な​ブロック​ダイ​ア​グラム​(画像​提供: Astronics Test Systems​社)

この​よう​な​ブリッジ​の​1​つ​で​ある​Astronics VX407C PXI-​VXI​アダプタ​は、​通常、​PXI​レジスタ​I/​O​と​VXI​を​ブリッジ​し​て、​疑似​レジスタ​ベース​の​操作​を​行う​ため​に​使用​さ​れ​ます。​もう​1​つ​の​Astronics PXI-​VXI​アダプタ​の​6084H​は、​PXI​または​PXI Express​モジュール​を​VXI​バス​に​組み​込​んで、​SCPI​または​その他​の​コマンド​を​使用​した​メッセージ​ベース​の​操作​を​行う​ため​に​使用​さ​れ​ます。


図​5.
Astronics VX407C​および​6084H PXI-​VXI​アダプタ​は、​新しい​プラットフォーム​へ​の​移行​を​簡素​化​する​ため​に​役立つ​(画像​提供: Astronics Test Systems​社)

VX407C​の​利点​は​単純​さ​です。​PXI​レジスタ​I/​O​を​VX407C​の​レジスタ​位置​に​マッピング​する​だけ​です。​VX407C​ファームウェア​は、​PXI​モジュール​の​I/​O​領域​と​の​間​で​データ​を​自動的​に​送信​し​ます。​その​結果​生じる​計測​器​DLL​コード​の​変更​は​ほとんど​は​カット​&​ペースト​なので、​PXI DLL​ドライバ​を​VX407C​ホスト​の​PXI​モジュール​に​ブリッジ​する​ため​の​コスト​は​比較的​少​なく​済み​ます。​これ​は​レジスタ​ベース​の​VXI​モジュール​を​置き換える​ため​の​優​れ​た​手法​です。

6084H​は​VX407C​ソリューション​より​複雑​ですが、​元​の​VXI​が​メッセージ​ベースで、コマンド​レベル​の​互換性​が​必要​な​場合​に​は​理想​的​です。​システムソフトウェアを変更したり再検証したりせずに​6084H​を​使用​する​に​は、​PXI/​PXI Express​ドライバ​DLL​を​6084H​の​ファームウェア​に​組み込む​必要​が​あり​ます。​これ​により、​システム​ソフトウェア​の​変更​や​再​検証​を​回避​でき​ます。

Astronics PXI-​VXI​の​キャリア​オプション​の​詳細​は​こちら​を​ご覧​くだ​さい。

Hiller Measurements:​大型​PXI​シャーシ

VXI​から​PXI​へ​の​移行​に関する​課題​の​1​つ​は、​各​モジュール​で​利用​可能​な​スペース​の​損失​です。​Hiller Measurements(HM)​社​は、​この​課題​に​対処​する​ため​に​独自​の​ソリューション​を​設計​しま​した。​HM P-​XLe​シャー​シ​は、​標準​の​3U PXI​プラットフォーム​の​オープン​アーキテクチャ​を​利用​する​こと​で、​VXI​の​陳腐​化​に​対処​し​ます。​これ​は、​Eurocard PXI​フォーマット​では​管理​でき​ない​計測​に​対応​し、​商業的に廃止された​VXI​規格​で​動作​する​よう​に​開発​さ​れ​ま​した。​P-​XLe​は、​再​構成​可能​な​RF​インタフェース​ユニット、​多​チャンネル、​および​シャー​シ​の​前後​両方​から​の​I/​O​接続​を​必要​と​する​アプリケーション​に​最適​で、​標準​の​3U PXI​モジュール​と​P-​XLe​モジュール​の​共存​を​可能​にし​ます。

 

図​6. P-​XLe​シャー​シ​は、​Eurocard PXI​フォーマット​では​管理​でき​ない​計測​に​対応​する​ため​に​開発​さ​れ​た​もの​で、​商業的に廃止された​VXI​規格​に​最適​(画像​提供: Hiller Measurements​社)

シングル​スロット​P-​XLe​モジュール​に​は、​3U PXI​標準​バック​プレー​ン​に​接続​する​ため​の​インタフェース​コネ​クタ​や、​インタフェース​コネ​クタ​の​バック​プレー​ン​の​反対​側​の​3U​領域​の​周辺​機器​接続​など、​PXI​規格​を​サポート​する​回路​用​の​3U​領域​が​あり​ます。​また、​モジュール​の​前後​に​周辺​機器​接続​を​備え​た​P-​XL​システム​の​拡張​機能​を​サポート​する​回路​用​の​6U​領域​で​構成​さ​れ​てい​ます。


図​7. P-​XLe​モジュール​に​は​シングル​スロット​に​3U PXI​領域​と​6U P-​XL​領域​が​ある​(画像​提供: Hiller Measurements​社)

P-​XLe​シャー​シ​は​PXI​および​P-​XLe​の​モジュール​と​コントローラ​を​同時に​収容​し、​それら​を​高性能​PXI​バック​プレー​ン​で​接続​し​て​全て​の​電力、​冷却、​タイミング、​および​同期​機能​を​提供​し​ます。​さらに​P-​XLe​シャー​シ​は、​Virginia Panel Corporation(VPC)​社​および​Mac Panel​社​の​ハードウェア​に​簡単​に​統合​し​て​シャー​シ​と​I/​O​に​対応​でき​ます。

「レ​ガ​シー​VXI​システム​の​ほとんど​は、​当社​の​人気​製品​VPC 9025​および​9050​シリーズ​の​受信​機​を​使用​し​て​おり、​ITA​の​大規模​な​インストール​ベース​を​備え​てい​ます。​Hiller P-​XLe​モジュール​は、​レ​ガ​シー​機能、​コネ​クタ​I/​O、​および​ピン​マップ​に​適合​する​よう​に​設計​さ​れ​てい​ます。​これ​は、​既存​の​ITA​を​サポート​する​新しい​テスト​システム​へ​の​移行​を​支援​し​ます。​VPC​は、​PXI/​PXIe​計測​器​から​テストレシーバ​へ​の​ワイヤ​ハーネス​を​提供​できる​ので、​この​移行​が​容易​に​なり​ます。」​Virginia Panel Corporation(VPC)​社​セールス​担当​VP/​GM、​Kevin Leduc氏

ADVINT:​ソース​コード​変換

多く​の​レ​ガ​シー​TPS​は、​ATLAS​や​Fortran​といった​時代遅れ​の​言語​で​開発​さ​れ​てい​ます。​ADVINT​社​の​Chameleon​コードトランスフォーマ​は、​カスタマイズ​さ​れ​た​自動​ソフトウェア​ソース​コード​変換​を​提供​し​て、​新しい​テスト​システム​へ​の​移行​時に​既存​の​TPS​投資​を​維持​し​ます。​この​ツール​は、​特定​の​アプリケーション​プログラミング​ニーズ​に​基​づ​い​て、​カスタマイズ​と​拡張​が​可能​な​XML​言語​翻訳​モデル​を​介​し、​古い​プログラミング​言語​を​最新​の​ソフトウェア​開発​環境​に​変換​し​ます。

多​言語​対応​の​Chameleon​は、​NI​の​LabWindowsTM/​CVI、​IVI​計測​器​ドライバ、​その他​の​ソフトウェア​言語​に​変換​する​の​に​役​立ち​ます。​体系​的​な​モデル​ベース​の​変換​プロセス​により、​新​しく​生成​さ​れ​た​ターゲット​コード​と​レ​ガ​シー​コード​間​の​トレーサビリティ​を​提供​し​ます。​また、​フォーマット​さ​れ​た​出力​を​サポート​し​て、​様々​な​スタイル​ガイド​要件​に従って、​可読性​と​保守​性​を​促進​し​ます。


図​8.
Chameleon​は、​品質​と​トレーサビリティ​を​高め​ながら、​ソフトウェア​の​再​ホスト​コスト​と​開発​時間​を​大幅​に​削減​する​(画像​提供: ADVINT​社)

Chameleon​では、​ク​エリ​ベース​の​レポート​生成​機能​を​使用​し​て、​ソース​に関する​技術​的​イン​サイト​を​引き出す​TPS​メ​トリック​レポート​を​生成​し​ます。​レポート​は、​必要​な​データ​を​抽出​し、​フォーマット​する​の​に​役立つ​独自​の​XML​スタイル​シート​を​備え​てい​ます。​この​よう​な​レポート​を​使用​し​て、​モデリング​作業​の​規模​と​要点​を​決定​し、​TPS​ドキュメント​生成​の​自動化​を​行う​こと​が​でき​ます。

Chameleon​は、​品質​と​トレーサビリティ​を​高め​ながら、​ソフトウェア​の​再​ホスト​コスト​と​開発​時間​を​大幅​に​削減​し​ます。​最初​の​テスト​プログラム​で​初期​モデル​を​確認​したら、​それ​を​同じ​レ​ガ​シー​テスト​システム​から​の​後続​の​テスト​プログラム​に​使用​し、​必要​に​応​じ​て​更新​する​こと​が​でき​ます。​Chameleon​は、​レ​ガ​シー​ATE​から​テスト​プログラム​を​変換​する​際​に、​コード​1​行​あたり​わずか​1​ドル​で​コード​変換​を​提供​してき​ま​した。​手動​による​変換​では、​コード​1​行​あたり​の​エンジニアリング​時間​と​コスト​が​100​倍​を​超える​可能性​が​あり​ます。

ADVINT​社​の​ソース​コード​変換​サービス​の​詳細​は​こちら​を​ご覧​くだ​さい。

NI:FPGA​ベース​の​デジタル​インタフェース

多く​の​TPS​は、​テスト​対象​デバイス​など​の​デバイス​と​接続​し​て​通信​した​り、​異なる​サブシステム​間​で​通信​した​り​する​必要​が​あり​ます。​この​通信​は、​一般​的​では​ない、​または​カスタム​の​デジタル​プロトコル​を​介​し​て​行​われる​場合​が​あり​ます。​この​よう​な​アプリケーション​の​ハードウェア​が​陳腐​化​に​直面​し​て​いる​場合、​テスト​エンジニア​は​代替品​を​見つける​必要​が​あり​ます。​市販​の​代替品​は​ほとんど​ありま​せん​が、​あっ​た​として​も、​おそらく​高価​で​しょう。​この​よう​な​場合​に​役立つ​の​が​FPGA​テクノロジ​です。​FPGA​を​使用​すると、​ソフトウェア​を​介​し​て​ハードウェア​の​特性​を​定義​できる​ため​人気​の​高い​ソリューション​と​な​って​い​ます。​しかし、​FPGA​テクノロジ​は​伝統​的​に、​自社​開発​の​カスタム​設計​が​含​ま​れる​ので、​保守​の​面​で​大きな​負担​と​リスク​を​伴​い​ます。


図​9.
自社開発された​FPGA​ベース​システム​の​ライフサイクル​管理​は、​保守​の​面​で​大きな​負担​と​リスク​を​もたらす

そこで​検討​すべ​き​は、​NI​の​FPGA​対応​PXI​モジュール​を​活用​する​方法​です。​この​アプローチ​は、​固定​機能​の​計測​器​と​完全​カスタム​設計​の​間​の​ギャップ​を​埋​め​ます。​市販​の​ソリューション​を​使用​する​こと​により、​より​ハイレベル​な​開始​点​に​立て​ます。​また、​カスタム​ソリ​ュ​ー​ション​の​設計​や​保守​で​の​余分​な​負担​について​心配​する​必要​が​ありま​せん。

LabVIEW FPGA​モジュール​は、​統合​性​の​高い​開発​環境、​IP​ライブラリ、​高性能​シミュレータ、​デバッグ​機能​といった​様々​な​特長​を​備え​て​いる​ため、​複雑​な​システム​の​効果​的​かつ​効率​的​な​開発​が​可能​です。​I/​O​へ​の​直接アクセス​と​ユーザ​定義​の​LabVIEW​ロジック​を​組み合わせ​て、​デジタル​プロトコル​通信​など​の​アプリケーション​用​の​カスタム​ハードウェア​を​定義​する​組​込​FPGA VI​を​作成​でき​ます。

デジタル​計測​器​の​代替品​を​設計​する​場合、​FPGA​は​カスタマイズ​に​多く​の​柔軟性​を​提供​し​ます。​しかし、​標準​プロトコル​を​実装​する​必要​が​ある​場合、​開発​済み​の​IP​コア​を​使用​する​必要​が​あり​ます。​NI​が​提供​する​いくつか​に​加​えて、New Wave Design and Verificationは、​NI​の​FPGA​ベース​の​ハードウェア​に​直接​実装​できる​多く​の​IP​コア​を​提供​し​ます。

NI IP New Wave IP
• UART
• SPI
• I2C
• RS232
• Xilinx Aurora 64b/​66b
• Xilinx Aurora 8b/​10b
• Serial RapidIO
• 1GbE UDP
• CPRI
• JESD204B
• JTAG
• RFFE
• Fibre Channel Link Layer
• Fibre Channel ASM
• Fibre Channel RDMA
• Fibre Channel AV
• 1394b PHY
• 1394b OHCI
• 1394b GP2Lynx
• 1394b AS5643
• sFPDP
• ARINC-818
• HOTLink II
• High Speed Data Bus


表​1.
デジタル​通信​用​の​NI​および​New Wave Design and Verification​の​FPGA IP​コア

LabVIEW FPGA​で​できる​こと​について​は​こちら​を​ご覧​くだ​さい。

将来​に​向け​た​計画

陳腐​化​へ​の​対処​は、​航空​宇宙/​防衛​業界​の​テスト​エンジニア​にとって​は​一般​的​です。​今​ある​陳腐​化​の​課題​の​調査​や​対処​に​は​多く​の​時間​が​費​や​さ​れ​てい​ます​が、​将来​の​課題​について​も​検討​しな​け​れ​ば​なり​ま​せん。​次​の​TPS​を​開発​する​ときには、​陳腐​化​に関して​計画​を​立て​て​くだ​さい。​テクノロジ​は​絶え間​なく​進化​し、​今日​購入​する​コンポーネント​は​おそらく​TPS​より​寿命​が​短い​で​しょう。​TPS​を​開発​する​とき​に​適切​な​プロセス​を​用意​する​こと​で、​陳腐​化​が​大きな​負担​に​なる​前​に​軽減​する​こと​が​でき​ます。