NI ELVIS​計測​器​とは

概要

実際​の​ソリューション​の​設計​で​中核​と​なる​の​は、​ソリューション​を​作成​する​ため​の​コンポーネント​に対する​理解​です。 理論​的​な​概念​から​物理​的​な​実装​に​移行​する​際、​リアルタイム​の​状況​で​コンポーネント​間​の​信号​を​確認​し、​操作​する​こと​が​学生​にとって​重要​に​なり​ます。 使い​や​すく​直感​的​な​計測​器​が​あれ​ば、​これ​を​実現​でき​ます。 NI ELVIS III​は、​7​つ​の​計測​器​を​1​つ​に​統合​した、​ネットワーク​経由​で​アクセス​可能​な​ソリューション​で​あり、​最新​の​実験​環境​で​シームレス​な​探求​的​学習​が​でき​ます。 ビデオ​を​ご覧​の​際​は、​ビデオ​右下​に​ある​「CC」​の​captions settings​に​て、​「日本語」​字幕​を​選択​い​た​だけ​ます。

4​チャンネル​の​オシロスコープ

Simplify the Laboratory Workspace

Simplify the Laboratory Workspace

4​チャンネル、​14​ビット、​100 MS/​秒​の​オン​ボード​オシロスコープ​により、​システム​内​の​複数​の​ポイント​から​高​精度​な​データ​を​す​ば​やく​取得​し​ます。 直感​的​な​ソフト​フロント​パネル​と​LabVIEW API​を​備え​て​おり、​信号​の​測定​や​解析​の​適用​を​選択​した​り、​LabVIEW​環境​において、​データ​の​自動​取得/​処理​を​実行​でき​ます。 また、​Multisim Live​で​生成​さ​れ​た​信号​を​ロード​し​て、​シミュレーション​と​実​世界​の​データ​を​比較​する​こと​も​可能​です。

関数​発生器

Function Generator

Function Generator

2​チャンネル、​100 MS/​秒​の​関数​発生​器​を​使用​し​て、​一般​的​な​信号​や​任意​の​信号​を​簡単​に​生成​し​て​回路​を​駆動​し、​コンポーネント​を​テスト​し​ます。 ソフト​フロント​パネル​または​LabVIEW API​の​いずれ​か​を​使用​し​て、​基本​的​な​アプリケーション​に​一定​の​信号​を​供給​した​り、​より​複雑​な​解析​の​ため​に​経時​的​に​変化​する​信号​を​供給​した​り​する​こと​が​でき​ます。

デジタル​マルチ​メータ

DMM

DMM

内蔵​の​デジタル​マルチ​メータ​を​使用​し​て、​コンポーネント​値​や​電圧​レベル​を​確認​し​ます。 電圧、​電流、​抵抗、​インダクタンス、​キャパシタンス​など​の​回路​特性​を​計測​する​こと​が​でき​ます。 また、​LabVIEW API​を​使​って、​産業​界​で​見​られる​よう​な​複数​チャンネル​の​テストケース​を​構築​する​こと​も​でき​ます。

可変​電源

VPS

VPS

高​確度​の​オン​ボード​可変​電源​による​安定​した​ソース​を​使用​した、​基本​から​上級​まで​の​回路​の​構築​および​テスト​を​行い​ます。 +/-15 V​の​電圧​レンジ​と​プログラム​可能​な​0​~​500 mA​の​電流​により、​様々​な​電力​要件​に​対応​する​ソリューション​を​設計​でき​ます。

ロジック​アナ​ラ​イザ

Logic Analyzer

Logic Analyzer

16​チャンネル、​100 MS/​秒​の​ロジック​アナ​ラ​イザ/​パターン​発生​器​により、​通信​バス​および​組​込​デバイス​から​デジタル​信号​を​収集、​解析、​および​復号​し​ます。 5 V​と​3.3 V、​両方​の​ロジック​に​対応​し​て​おり、​SPI、​I2C、​UART​など​各種​プロトコル​を​使用​し​て​送信​さ​れ​た​コマンド​を​確認​する​こと​が​でき​ます。 また、​パターン​生成​機能​を​使​って、​デジタル​コンポーネント​の​機能​を​テスト​する​こと​も​可能​です。

ボード​線​図​機能

Bode

Bode

Web​ベース​の​ボード​線​図​機能​で、​実際​の​システム​の​周波数​応答​を​グラフ​化​し​ます。 オシロスコープ​と​関数​発生​器​の​組み合わせ​により、​ダイナミック​システム​の​ゲイ​ン​や​位相、​および​安定​余裕​について​理解​する​こと​が​でき​ます。 Measurements Live​に​完全​統合​さ​れ​て​いる​ため、​ソフトウェア​を​追加​する​こと​なく、​タブレット​や​携帯​電話​を​使​って​Web​経由​で​この​計測​器​を​起動​でき​ます。

IV​アナ​ラ​イザ

IV Analyzer

IV Analyzer

Web​ベース​の​IV​アナ​ラ​イザ​を​使​って、​BJT、​ダイオード、​MOSFET​の​3​線​式​電流-​電圧​解析​を​行い​ます。 内蔵​の​電流/​電圧​ソース​を​使用​し​て、​ベース​および​コレクタ​に​様々​な​電流/​電圧​の​テスト​入力​を​行​っ​た​場合​の、​トランジスタ​の​動作​領域​を​確認​する​こと​が​でき​ます。 また、​方程式​を​使​って​設計​を​行い、​実際​の​コンポーネント​で​結果​を​す​ば​やく​簡単​に​確認​する​こと​が​でき​ます。