機械​コンポーネント​と​耐久性​テスト

メカニカル​エンジニア​は​製品​設計​の​検証​に​さまざま​な​センサ、​チャンバ、​固定​具​を​使用​し​ます。​品質に定評のある柔軟なデータ収集システムを使用すれば、​変更​を​より​適切​に​管理​し、​時間​と​予算​を​守る​こと​が​でき​ます。

柔軟​な​テスト​システム​で​データ​収集​を​簡素化

今日​の​電子​デバイス​は​複雑​さ​を​増す​一方で​それほど​繊細​では​ありま​せん​が、​日常​の​厳しい​使用​に​耐える​こと​が​できる​もの​に​する​必要​が​あり​ます。​機械​コンポーネント​と​製品​の​耐久性​を​検証​する​に​は​センサデータ​が​必要​ですが、​物理​テスト​では、​センサタイプ​が​複数​ある、​セットアップ​時間​に​コスト​が​かかる、​プロトタイプ​の​構築​が​高価​で​ある、​といった​いくつか​の​課題​が​あり​ます。​センサデータ​収集​システム​が​メカニカル​テスト​の​複雑​さ​を​増す​こと​が​あっ​て​は​なり​ま​せん。​NI​が​提案​する​電気​機械​的​テスト​の​アプローチ​は、​モジュール​式​ハードウェア​に​既製​の​シンプル​な​データ​ロギング​ソフトウェア​を​組み合わせ​た​もの​で、​プログラミングを必要とせず、​少ない​労力​と​時間​で​センサ​から​スプレッドシート​へ​と​作業​を​移す​システム​を​構築​でき​ます。​センサ​の​変更​や​追加​が​必要​な​場合​でも、​同じ​ソフトウェア​と​中心​的​な​ハードウェア​コンポーネント​で​数百​の​セン​サ​モジュール​が​サポート​さ​れ​て​いる​ため、​多く​の​余分​な​機器​に​投資​する​こと​なく、​より​短時間​で​次​の​テスト​システム​を​構築​でき​ます。

おすすめ​の​コンテンツ

製品​と​ソリューション