NI、​Wi-​Fi 6 PA/​FEM​コンポーネント​の​テストカバレッジ​を​6 GHz​超​に​拡大

米国​テキサス​州​オース​ティン – 2019​年​10​月​1​日 – 自動​テスト/​自動​計測​システム​の​開発​と​パフォーマンス​を​加速​する​ソフトウェア​定義​プラットフォーム​の​プロバイダ​で​ある​NI(Nasdaq:NATI)​は​本日、​Wi-​Fi 6​の​フロント​エンド​テスト​リファレンス​アーキテクチャ​を​発表​しま​した。​これ​により、​6 GHz​を​超える​新た​な​周波数​帯域​で​動作​する​最新​の​Wi-​Fi 6​パワー​アンプ​(PA)​および​フロント​エンド​モジュール​(FEM)​の​包括​的​で​高速​かつ​高​確度​な​テスト​が​実現​し​ます。

 

先頃承認された​6​~​7.125 GHz​帯​で​の​Wi-​Fi​テストカバレッジ​の​ニーズ​に​応え​て、​NI​の​Wi-​Fi 6​フロント​エンド​テスト​リファレンス​アーキテクチャはベクトル​信号​トランシーバ​(VST)の​高​帯域​幅​を​さらに​拡張​し、​確度​を​上げ、​計測​速度​を​一層​高速​化​し​ます。​VST​は、​RF​信号​発生​器​と​信号​アナ​ラ​イザ​(瞬時​帯域​幅​1 GHz、​最大​12 GHz)​を​組み合わせ​た​デバイス​として​幅広​く​導入​さ​れ​て​おり、​主力​製品​として​実績​を​上げ​てい​ます。​エンジニア​は​PA/​FEM​の​特性​評価​と​妥当​性​確認​を、​優​れ​た​線形​性、​低​ノイズ、​高​ダイナミック​レンジ​で​実施​し、​Wi-​Fi 6 1024-​QAM​の​パフォーマンス​を​綿密​に​検証​する​こと​が​でき​ます。​また、​動的​な​EVM​計測​を​簡略​化​し​つつ、​FGPA​ベース​の​電源​レベル​制御​によって​テスト​の​スピードアップ​を​図る​こと​も​可能​です。

 

半導体​メーカー​が​こぞって​新た​な​Wi-​Fi 6​の​製品​化​に​取り組む​なか、​エンジニア​は​製品​の​開発​スケジュール​を​短縮​し​つつ、​より​高い​周波数​帯域​で​さらに​多く​の​テスト​要件​に​対応​する​という​困難​な​課題​に​向き合う​ことに​なり​ます。​Wi-​Fi 6​の​フロント​エンド​テスト​リファレンス​アーキテクチャ​の​計測​器​および​計測​IP​は、​妥当​性​確認​を​行う​ラボ​でも、​製造​テスト​でも​使用​できる​ため、​エンジニア​は​相関​取り​や​テスト​システム​の​開発​に​余分​な​時間​を​割​か​ず​に​済み、​製造​まで​の​工程​を​合理化​でき​ます。

 

NI​の​プロダクト​プランニング​担当​バ​イス​プレジデント、​Stefanie Breyer​は、​次​の​よう​に​述​べ​てい​ます。​「Wi-​Fi​の​周波数​帯域​全体​の​包括​的​で​信頼​できる​データ​を​短時間​で​提供​する​こと​を​求め​られる​エンジニア​にとって、​VST​が​広範​な​周波数​を​カバー​し、​大きな​瞬時​帯域​幅​を​備え​て​いる​こと​は​大変​重要​です。​NI​の​ソフトウェア​定義​プラットフォーム​を​基​に​構築​さ​れ​た​テスタ​を​選​べ​ば、​ワイヤレス​規格​の​最新​の​動向​に​対応​でき​ます。」

 

VST​ベース​の​Wi-​Fi 6​フロント​エンド​テスト​リファレンス​アーキテクチャ​の​リリース​は、​NI​が​テストカバレッジ​の​拡張​に​継続​し​て​取り​組​んで​きた​こと​と、​PA/​FEM​デバイス​を​早期​市場​投入​できる​よう​に​お客様​を​支え​て​きた​こと​の​成果​の​一環​です。​この​ソリューション​は​NI​の​モジュール​式​計測​器​ポートフォリオ​および​計測​ソフトウェア​を​補完​し​て、​2.4​~​7 GHz​以上​の​周波数​帯域​全体​で​最新​Wi-​Fi 6 RFIC​デバイス​を​特性​評価​および​妥当​性​確認​できる​よう​に​する​もの​です。

NI​について

NI(ni.com)​は、​現在​だけ​で​なく​将来​を​も​見​据​え​た​エンジニアリング​の​課題​解決​を​サポート​する、​高性能​な​自動​テスト/​計測​システム​を​開発​し​てい​ます。​NI​の​ソフトウェア​定義​の​プラットフォーム​は、​モジュール​式​ハードウェア​と​拡大​を​続ける​エコ​システム​から​構成​さ​れ​て​おり、​この​オープン​な​プラットフォーム​を​採用​する​こと​により、​優​れ​た​アイデア​を​具現​化​でき​ます。

Media Contact

NI Corporate Media Relations

Email: pr@ni.com