NI​と​ETAS、​合弁​会社​ETAS NI Systems​を​設立​し、​HIL(Hardware-​in-​the-​Loop)​検証​を​推進

NI​と​ETAS​は​共同​で、​急速​に​進化​する​自動車​業界​ニーズ​に​対応​した​検証​システム​を​提供

テキサス​州​オー​ティン - 2019​年​11​月​14​日 – 自動​テスト/​自動​計測​システム​の​開発​と​パフォーマンス​を​加速​する、​ソフトウェア​定義​プラットフォーム​の​プロバイダ​で​ある​NI(Nasdaq:NATI)​は、​ETAS GmbH​と​設立​した​合弁​会社​ETAS NI Systems​の​背景​と​その​メリット​について​発表​しま​した。

 

自動車​メーカー​と​サプライヤー​は、​自動車​システム​と、​先進​運転​支援​システム​(ADAS)​の​複雑​化​により、​動作​検証​の​ため​の​テスト​シナリオ​の​増加​と​複雑​化​という​問題​に​直面​し​てい​ます。​この​テスト​シナリオ​は、​消費者​主導​の​新しい​イノベーション​ごと​に​増加​し​続​け、​自動車​OEM​と​その​サプライヤー​は、​実​動作​に​沿​っ​た​再現​性​の​高い​テスト​環境​の​必要性​に​迫​ら​れ​ます。​これ​に​加​えて、​パワー​トレイン​の​電動​化​(モーター、​イン​バーター、​バッテリー)​による​システム​の​複雑​化​も​起​こ​って​い​ます。​EV​向け​の​各​コンポーネント​は​効率​と​運転​体験​の​ため​に​劇的​な​イノベーション​が​起​こ​って​おり、​それに​伴​い​テスト​へ​要求​は​常に​変化​し​てい​ます。

 

シミュレーション​技術​を​採用​する​HIL(Hardware-​in-​the-​Loop)​システム​は、​費用​が​かかり、​潜在​的​に​危険​な​実​走行​テスト​を​最小限​に​抑え​ながら、​正確​な​テスト​ニーズ​を​達成​する​ため​に​エンジニア​が​適用​できる​効率​的​で​反復​可能​な​実行​可能​な​方法​を​提供​し​ます。​歴史​的​に、​これらの​ニーズ​は、​顧客​独自​の​要件​ごと​に​ゼ​ロ​から​設計​さ​れ​た​カスタム​仕様​の​クローズド・​テスト​システム​で​実現​さ​れ​て​いるか、​ユーザ​企業​内​の​テスト​チーム​が、​複数​の​テストベンダー​の​コンポーネント​を​統合​する​こと​で​構築​さ​れ​て​き​ま​した。

 

ETAS NI Systems​は、​設計​サイクル​の​短縮、​テスト​時間​の​短縮、​顧客​による​市場​投入​時間​の​短縮​を​目的​として、​Pre-​integrated HIL​システム​(一部​構築​済み​の​HIL​システム)​を​構築​し​ます。 ETAS​が​持つ​HIL​ソリューション​の​開発​と​統合​に関する​専門​知識​と、​NI​が​提供​する​ソフトウェア​定義​プラットフォーム​と​包括​的​な​I/​O​を​組み合わせる​こと​により、​テスト​チーム​は​両社​の​アプローチ​が​持つ​メリット​が​受け​ら​れ​ます。​つまり、​テスト​チーム​は​Pre-​integrated HIL​システム​という​共通​の​インフラ​ストラクチャ​を​用いる​こと​により、​独自​の​ニーズ​を​満たせる​よう​に​HIL​システム​を​迅速​に​構築​する​こと​が​でき​ます。​また、​NI​の​オープン​プラットフォーム​を​用​い​て​システム​構築​する​こと​は、​将来​に​渡​って、​テスト​システム​の​仕様​を​経済​的​に​変更​し、​技術​の​変化​に​追従​できる​よう​に​なる​こと​を​意味​し​ます。

 

ETAS NI Systems​は、​2020​年​1​月​1​日​まで​に​業務​を​開始​し​ます。​この​コラボレーション​の​詳細​について​は、こちらを​ご覧​くだ​さい。

 

将来​に関する​記述​セーフ​ハーバー

この​リリース​に​は、​「ETAS​が​持つ​HIL​ソリューション​の​開発​と​統合​に関する​専門​知識​と、​NI​が​提供​する​ソフトウェア​定義​プラットフォーム​と​包括​的​な​I/​O​を​組み合わせる​こと​により、​テスト​チーム​は​両社​の​アプローチ​が​持つ​メリット​が​受け​られる」、​「Pre-​integrated HIL​システム​という​共通​の​インフラ​ストラクチャ​を​用いる​こと​により、​独自​の​ニーズ​を​満たせる​よう​に​HIL​システム​を​迅速​に​構築​する​こと​が​でき​ます。​また、​NI​の​オープン​プラットフォーム​を​用​い​て​システム​構築​する​こと​は、​将来​に​渡​って、​テスト​システム​の​仕様​を​経済​的​に​変更​し、​技術​の​変化​に​追従​できる​よう​に​なる​こと​を​意味​し​ます。」、​「ETAS NI Systems​は、​2020​年​1​月​1​日​まで​に​業務​を​開始​し​ます。」​という​記述​を​含む​「将来​の​見通し​に関する​記述」​が​含​まれ​てい​ます。 これらの​声明​に​は、​合弁​事業​で​ETAS​と​正常​に​協力​する​NI​の​能力、​製品​の​需要​または​市場​で​の​受け入れ、​合弁​事業​の​技術、​自動車​産業​に​影響​を​与える​もの​を​含む​世界​経済​の​変化​または​変動、​合弁​事業​による​新​製品​の​発売​の​遅延、​競争​的​発展、​および​主要​な​従業​員、​顧客​を​保持​する​合弁​事業​の​能力​他の​関係。​実際​の​結果​は、​予想​さ​れる​結果​と​大幅​に​異なる​場合​が​あり​ます。 NI​は、​2018​年​12​月​31​日​に​終了​した​会計​年度​の​Form 10-​K、​2019​年​10​月​31​日​に​提出​さ​れ​た​最新​の​Form 10-​Q、​および​NI​の​将来​の​パフォーマンス​に​関連​する​リスク​について​SEC​に​提出​する​その他​の​文書​を​参照​し​て​くだ​さい。​株主​は、​NI​の​将来​の​見通し​に関する​記述​に​過度​の​信頼​を​置​か​ない​よう​注意​し​て​くだ​さい。。 NI​は、​この​プレス​リリース​の​日付​以降​の​出来事、​状況、​または​新しい​情報​を​反映​する​ため、​または​予期​しない​出来事​の​発生​を​反映​する​ため​に、​将来​の​見通し​に関する​記述​を​公​に​更新​する​義務​を​負​いま​せん。

NI​について

NI(ni.com)​は、​現在​だけ​で​なく​将来​を​も​見​据​え​た​エンジニアリング​の​課題​解決​を​サポート​する、​高性能​な​自動​テスト/​計測​システム​を​開発​し​てい​ます。​NI​の​ソフトウェア​定義​の​プラットフォーム​は、​モジュール​式​ハードウェア​と​拡大​を​続ける​エコ​システム​から​構成​さ​れ​て​おり、​この​オープン​な​プラットフォーム​を​採用​する​こと​により、​優​れ​た​アイデア​を​具現​化​でき​ます。

Media Contact

NI Corporate Media Relations

Email: pr@ni.com