CompactRIOがMeasurement & Automation Explorer(MAX)に表示されない場合のトラブルシューティング

MAXのリモートシステムの下にCompactRIOシステムが表示されない理由はいくつか考えられますが、そのほとんどはネットワークに関連しています。

  1. 以下の一般的なトラブルシューティング手順をそれぞれ実行し、MAXがシステムを認識するかどうかを試します。必要な場合は、このページの最後にある詳細手順を参照してください。
    • MAXをファイアウォールソフトウェアの例外リストに追加する
    • CompactRIOシステムがコンピュータと同じサブネットに接続されていることを確認する
    • 正しいバージョンのNI-RIOドライバがホストPCにインストールされていることを確認する
    • ネットワークケーブルがしっかりと接続されていることを確認するネットワークアクティビティが検出されている場合は、CompactRIOコントローラのネットワークポートの横にあるランプの1つが点灯し、もう1つが点滅する
    • DIPスイッチが全てOFFになっていることを確認し、スイッチを移動した場合はCompactRIOシステムを再起動する
    • 複数のネットワークアダプタ(ワイヤレスイーサネットカードなど)を使用している場合は、それらを無効にする
  2. 上記の手順を実行した後、MAXで表示→更新を選択します。
  3. MAXにCompactRIOが表示されたら、必要なオプションを選択します。

詳細とトラブルシューティングの手順

各手順を実行した後、MAXで表示→更新を選択して、コントローラが「リモートシステム」の下に表示されたかどうかを確認します。

      1. BlackICEなどのセキュリティソフトウェアは、CompactRIOとのネットワーク通信をブロックする可能性があります。
      2. Windowsを実行しているコンピュータでは、Windowsのファイアウォールを無効にしても、ブロックされていたプログラムが必ずしも有効にならない場合があります。その場合は、次の手順に従って、MAXを手動で有効にしてください。
        • Windows 7
          1. 「コントロールパネル」からWindows ファイアウォールを開きます。
          2. 左側のメニューから「Windows ファイアウォールを介したブログラムまたは機能を許可する」を選択します。
          3. 設定の変更をクリックします。
          4. 別のプログラムの追加...をクリックします。
          5. 参照… をクリックし、National Instrumentsディレクトリ(例: C:¥Program Files¥National nstruments¥MAX¥NIMax.exe)にあるNIMax.exeを参照して選択します。
          6. OKをクリックします。
          7. リストにMAXが表示され、アクセスが許可されていることを確認します。
          8. OKをクリックし、残りのウィンドウを閉じます。
          9. これで、MAXはリアルタイムコントローラと通信できるようになります。
        • Windows XP
          1. スタート→設定→ネットワーク接続を選択してネットワーク接続コントロールパネルを開くと、ローカルネットワークのリストが表示されます。
          2. 任意の接続を右クリックし、プロパティを選択します。
          3. 詳細設定タブを選択します。
          4. 設定をクリックします。
          5. 例外タブを選択します。
          6. プログラムの追加をクリックします。
          7. リストでMAXを選択し、OKをクリックします。
          8. 他の2つのウィンドウでOKをクリックします。
          9. これで、MAXはリアルタイムコントローラと通信できるようになります。
      3. NIソフトウェアは、ポート44525を使用してイーサネットターゲットを検出します。CompactRIOを検出するために、このポートが使用可能になっていることを確認してください。

      ホストとターゲットコンピュータが同じサブネット上にあることを確認してください。

        1. ソフトウェアを最近アップグレードした場合は、そのNI-RIOドライバを再度インストールします。
        2. 新しいコントローラには新しいバージョンのNI-RIOが必要です。最新バージョンがインストールされていることを確認してください。
        1. LEDが継続的に1回点滅している場合は、IPアドレスがまだ構成されておらず、「0.0.0.0」またはリンクローカルアドレスのいずれか(NI-RIOのバージョンによる)に設定されることを意味します。これは、セットアッププロセスの現段階では正常な状態です。以下の他のトラブルシューティング手順を試してください。
        2. LEDが点滅していない場合は、IPアドレスがすでにCompactRIOシステムに設定されていることを意味します。ターゲットが表示されていない場合は、「IP RESET」DIPスイッチをONにして、コントローラを再起動してください。
        3. CompactRIOシステムに関する詳細についてはコントローラの操作手順を参照してください。また、LEDの点滅の説明は、技術サポートデータベース3K5CTHQX: Why Is the Status Light on a CompactRIO Controller Flashing Continuously? を参照してください。
        1. イーサネットケーブル接続のランプは、1つが点灯、1つが点滅しているはずです。これは、通信が確立されていることを意味します。もし、ケーブル接続のランプが点滅していない場合は、正しいケーブルが接続されていることを確認します。 
        1. 複数のネットワークカードがコンピュータに取り付けられていると、CompactRIOが接続されていないネットワークカードを介して、MAXがリモートデバイスを検索する可能性があります。ノートブックPCではワイヤレスデバイスがプライマリネットワークカードである場合が多いため、この現象がよく発生します。
        2. ワイヤレスカードがある場合は、ワイヤレスアンテナをオフにするのではなく、コントロールパネルでそのカードを無効にしてください。

      CompactRIOシステムを複数のイーサネットポートで使用している場合は、イーサネットケーブルがポート2ではなくポート1に接続されていることを確認してください。

        1. ネットワーク上で使用されているインテリジェントスイッチが、あるポートを自動的に無効にしたために、ターゲットからホストへの通信がブロックされることがあります。

上記の手順を全て実行してもCompactRIOシステムがMAXに表示されない場合は、CompactRIOコントローラの操作マニュアルを参照するか、NIまでお問い合わせください

前へ初回使用向けにCompactRIOシステムを構成する
CompactRIOにソフトウェアをインストールする次へ