From 12:00 AM CDT Sunday, October 17 - 11:30 AM CDT Sunday, October 17, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.

CompactRIOシステムを開発用コンピュータに接続する

電源に接続する

電源を配線する前に、DIPスイッチが全てOFFの位置になっていることを確認してください。 シャーシがNIから出荷されるとき、DIPスイッチは全てOFFの位置になっています。 ハードウェアDIPスイッチの代わりにソフトウェアスイッチを使用するCompactRIOコントローラでは、デフォルトの状態がOFFになっています。 これらのソフトウェアDIPスイッチは、後でMeasurement & Automation Explorer(MAX)の「システム設定」タブで使用できるようになります。

図1. cRIO-9022コンローラ用ハードウェアDIPスイッチ

図2. MAXにおけるcRIO-9068コンローラ用ソフトウェアDIPスイッチ

以下の手順に従って、コントローラに電源を接続してください。

  1. ワイヤを接続する前に、電源が供給されていない(電源に差し込まれていない)ことを確認してください。
  2. CompactRIOコントローラ上の電源コネクタを固定している2つの取り付けネジを緩めて、取り外します。
  3. 電源の正極リードをCompactRIOコントローラに同梱された電源コネクタのV端子に、負極リードをC端子に接続します。 2ピン以上のコネクタを使用する場合は、正極リードをV1またはV2端子のいずれかに接続し、負極リードをC端子のいずれかに接続します(このC端子は内部で相互接続されています)。
  4. コネクタ側面の取り付けネジを回してコネクタのリードを締め、ワイヤが正しい位置になっていることを確認してください。 各CompactRIOコンローラの交換用電源コネクタの詳細については、次の表を参照してください。
  5. メモ:N/A= 該当なし

CompactRIOコントローラの型番 ピンの数 電源コネクタ交換製品番号

cRIO-9082
cRIO-9081

4

4ピンネジ留め式端子

P/N: 782582-01

cRIO-9146
cRIO-9147
cRIO-9149
cRIO-9063
cRIO-9064
cRIO-9065
cRIO-9066
cRIO-9067
cRIO-9068
cRIO-9075
cRIO-9076

2

2ピンネジ留め式端子

P/N: 780702-01

cRIO-9101
cRIO-9102
cRIO-9103
cRIO-9104
cRIO-9111
cRIO-9112
cRIO-9113
cRIO-9114
cRIO-9116
cRIO-9118

N/A N/A

cRIO-9012
cRIO-9014
cRIO-9022
cRIO-9023
cRIO-9024
cRIO-9025
cRIO-9154
cRIO-9155
cRIO-9157
cRIO-9159

4

NI-9978 4ピンネジ留め式端子

P/N: 196938-01

cRIO-9030
cRIO-9031
cRIO-9033
cRIO-9035
cRIO-9036
cRIO-9038

4

4ピンネジ留め式端子

P/N: 783529-01

cRIO-9072
cRIO-9073
cRIO-9074
cRIO-9144
cRIO-9148

4

4ピンネジ留め式端子

P/N: 765049-01 1

1製品は販売終了

  1. 電源コネクタをCompactRIOコントローラに再度取り付けます。

図3. cRIO-9063コントローラのフロントパネル

電磁両立性(電磁適合性)(EMC)のベストプラクティスと、ターゲットへの電源の接地方法については、ターゲットのスタートアップマニュアルを参照してください。

Cシリーズモジュールの取り付け

以下の手順に従って、Cシリーズモジュールをシャーシに取り付けます。

  1. シャーシに挿入する前に、モジュールに何も接続されていないことを確認してください。 Cシリーズモジュールはホットスワップ可能なので、システムが安全な場所にある場合は、シャーシに電源を入れたままでモジュールを設置することができます。
  2. Cシリーズモジュールをシャーシのモジュールスロットに合わせます。 モジュールのスロットには、左から右に向かって、1から始まる番号が付けられています。
  3. モジュールの両側面にある銀色の上端部分(ラッチ)を押しながらモジュールをモジュールスロットに差し込みます。
  4. モジュールがスロットにラッチで固定されるまでCシリーズモジュールのコネクタ側部をしっかりと押します。
  5. これらの手順を繰り返して、追加のCシリーズモジュールを取り付けます。

図4. CompactRIOシャーシにCシリーズモジュールを挿入する

USBまたはEthernet経由で接続する

LabVIEW 2014 Real-Timeモジュールを使用すると、USB接続を使用してCompactRIOコントローラを簡単にPCに接続できます。 NI Linux Real-Timeを実行しているCompactRIOコントローラのみUSB接続に対応しています。 詳細については、 USB経由でEthernetをサポートするリアルタイムターゲット(英語)を参照してください。 USBデバイスポートは、実装前のターゲットの構成、デバッグ、コンソールの表示、またはオフラインになったときのターゲットの復旧に便利です。 一般的なネットワーク接続問題を回避するために、初めての使用で構成する場合、USB接続を使用することをお勧めします。

コンピュータに直接接続するには、ハードウェアに付属しているUSBケーブルの一端をターゲットのUSBポートに接続し、もう一端をPCのUSBポートに接続します。 このUSB接続はEthernetデバイスとしてエミュレーションされます。 自動DHCPネットワークをUSBデバイスポート経由で作成したため、物理的なEthernet接続を使わずにシステムアップデートを行うことができます。 DHCPサーバは、ブロック172.22.11.*から新しいターゲットIPアドレスを割り当てます。 電源をオンにすると、MAXでターゲットが「デバイスとインタフェース」および「リモートシステム」の下に表示されます。

図5.  2つの物理Ethernetポートと1つのUSBデバイスポートを備えたcRIO-9033ターゲットで利用可能なネットワーク設定

物理Ethernetポートは、アプリケーションを実装する際に、より堅牢で高スループットの分散型ソリューションを提供します。 Ethernetネットワーク(ハブ、ルータ、またはローカルネットワークインタフェースカード)に接続するには、標準カテゴリ5(CAT-5)以上のシールド加工されたツイストペアEthernetケーブルを使用します。 ネットワーク接続問題を回避するため、Ethernetケーブルをコントローラの最も小さい番号のポートに接続してください。 通信が確立されるとEthernetポートでライトが点滅し始め、ターゲットがMAX上の「リモートシステム」の下のみに表示されます。

関連情報

前へ ソフトウェアをインストールする
ハードウェアを構成する 次へ