目次

ネストされたアクターを起動 (Gデータフロー)

バージョン:
    最終変更日: 2020年4月27日

    ネストされたアクターのタスクを実行し、メッセージを処理する非同期実行のVIを起動します。 このVIは、1つ以上の呼び出しアクターに依存するアクターを起動するために使用します。ネストされたアクターを呼び出すには、発呼者アクターを発呼者アクター入力入力に配線する必要があります。発呼者アクターが起動していない場合、このVIはエラーを返します。発呼者なしでアクターを起動する場合は、「ルートアクターを起動」VIを使用します。

    connector_pane_image
    datatype_icon

    発呼者アクター入力

    ネストされたアクターを呼び出すアクターです。発呼者アクター入力は、ネストされたアクターを呼び出す前に起動されている必要があり、そうでない場合、このVIはエラーを返します。

    datatype_icon

    ネストされたアクター

    起動するアクターの初期ステートです。

    datatype_icon

    自動停止

    呼び出しアクターが停止したときにネストされたアクターが停止するかを示す値です。 デフォルト値はTrueです。この入力の値をFalseに設定した場合、ネストされたアクターの停止動作を指定するには、発呼者アクターの「停止コア」VIを手動でオーバーライドする必要があります。

    datatype_icon

    エラー入力

    このノードの実行前に発生したエラー状態です。

    ノードは標準エラー動作に基づいてこの入力に応答します。

    標準エラー動作

    多くのノードにはエラー入力およびエラー出力があるため、ノードはコードの実行中に発生したエラーに応答したり、それを報告したりできます。エラー入力の値は、エラーがノードの実行前に発生したかどうかを指定します。大部分のノードはエラー入力の値に標準の予測可能な方法で応答します。

    エラー入力にエラーがない エラー入力にエラーがある
    ノードの実行前にエラーが発生しなかった場合は、ノードは通常どおりに実行を開始します。

    ノードの実行中にエラーが発生しなかった場合は、エラーは返されません。ノードの実行中にエラーが発生した場合は、エラー出力としてエラー情報が返されます。

    ノードの実行前にエラーが発生した場合は、ノードは実行されません。代わりに、エラー入力値をエラー出力として返します。

    デフォルト: エラーなし

    datatype_icon

    発呼者アクター出力

    変更された発呼者アクターです。発呼者アクターにネストされたアクターのレコードがあります。自動停止Trueに設定されている場合、発呼者アクターは、ネストされたアクターのレコードを使用してネストされたアクターを自動的に停止します。

    datatype_icon

    ネストされたアクターのエンキューア

    エンキューアのリファレンスです。このリファレンスは,ネストされたアクターにメッセージを送信するために使用します。

    datatype_icon

    エラー出力

    エラー情報です。

    ノードは標準エラー動作に基づいてこの出力を生成します。

    標準エラー動作

    多くのノードにはエラー入力およびエラー出力があるため、ノードはコードの実行中に発生したエラーに応答したり、それを報告したりできます。エラー入力の値は、エラーがノードの実行前に発生したかどうかを指定します。大部分のノードはエラー入力の値に標準の予測可能な方法で応答します。

    エラー入力にエラーがない エラー入力にエラーがある
    ノードの実行前にエラーが発生しなかった場合は、ノードは通常どおりに実行を開始します。

    ノードの実行中にエラーが発生しなかった場合は、エラーは返されません。ノードの実行中にエラーが発生した場合は、エラー出力としてエラー情報が返されます。

    ノードの実行前にエラーが発生した場合は、ノードは実行されません。代わりに、エラー入力値をエラー出力として返します。

    このノードの実行可能場所:

    デスクトップOS: Windows

    FPGA: サポートなし

    ウェブサーバ: Webアプリケーションで実行されるVIに非対応


    最近閲覧されたトピック