Academic Company Events Community Support Solutions Products & Services Contact NI MyNI

VISA

NI-VISAライセンス:よくある質問

作成したソースコードとともにNI-VISAを自由に配布することはできますか?
作成されたソースコードとともにNI-VISAを配布する権限はありません。これは、ソースコード形式で配布される弊社の計測器ドライバ、ツールキット、サンプルプログラム、その他のアプリケーションにのみ適用されます。作成したソースコードを配布する場合、ソフトウェアを受け取る側でNI-VISA Deployment Licenseが必要となります。配布する側で受け取る側のライセンスを代わりにご購入いただき、お渡しいただくか、受け取る側で独自にご購入いただくことが必要です。

他社製ハードウェアを持っていますが、どのようなライセンス権限が付属されていますか?
NI-VISAは、様々なバス通信をサポートするためにプラグインソフトウェアを使用しています。他メーカーでも、NI-VISAをそのメーカーのコントローラハードウェアやカスタム通信プロトコル(例:独自仕様のEthernet通信プロトコル)に対応させるためのプラグインソフトウェアを開発しているところがあります。そのようなプラグインソフトウェアを使用している場合は、ユーザ自身で適切なNI-VISAライセンスを取得する必要があります(同じライセンス規約が適用されます)。ナショナルインスツルメンツとOEM契約を結んでいるユーザは、そのメーカーから直接ライセンスを取得できることもあります。

既存のNI-VISA開発バージョンをアップグレードするにはどうしたらよいですか?
別途購入または他のNIハードウェア/ソフトウェア製品とともにインストールした正規ライセンスに基づくNI-VISAをお持ちの場合、開発目的でのNI-VISA最新版へのアップグレードはこちらのページからのみ可能です。

どのバージョンのNI-VISAを実装に使う権限がありますか?
NI-VISA Deployment Licenseを購入した場合、当初アプリケーション開発に使用した同じバージョンのNI-VISAを配布する権限のみが与えられます。今後新しいバージョンのNI-VISAを配布する予定がある場合は、新たに実装ライセンスを購入する必要があります。他のNIハードウェア/ソフトウェアの使用によりNI-VISA Deployment Licenseを取得した場合は、そのNIハードウェア/ソフトウェアを使用している限りいつでもNI-VISAをアップグレードできます。

NI-VISAをLabVIEW Student Editionとともに使用できますか?
LabVIEW Student Editionを使用している学生は、NI-VISAを使用してアプリケーションを開発することはできますが、そのアプリケーションを他のユーザと共有する際にNI-VISAを配布することはできません。

NI-VISAを大量購入する際にOEM価格を利用するにはどうしたらよいですか?
アプリケーションの開発および実装用のNI-VISAのOEM価格および諸条件については、NI営業部までお問い合わせください。