NI Software Technology Preview

開発​中​の​新​機能​を​お​試し​いただき、​ご​自身​の​プロジェクト​へ​の​導入​を​評価​い​た​だけ​ます。​開発​者​へ​届け​られる​お客様​の​貴重​な​ご​意見​が​開発​を​支援​し​ます。

NI​ソフトウェア​の​未来​を​形作る

NI Software Technology Preview​と​は、​新た​に​開発​中​の​新​機能​が​お客様​の​アプリケーション​にとって​有益​に​なる​こと​を​目的​と​し、​標準​サポート・​保守​プログラム​に​加入​さ​れ​て​いる​NI​ソフトウェア​を​お​持ち​の​お客様​に、​新​機能​を​お​試し​いただける​サービス​です。 ​ ​NI​の​開発​者​が​現在​取り​組​んで​いる​ソフトウェア​技術​を​ご覧​い​た​だけ​ます。​また​ガイド​や​リファレンス​資料、​ヘルプ​モジュール、​ディスカッション​フォーラム​といった​補助​コンテンツ​も​ご​利用​い​た​だけ​ます。

特に​力​を​入れ​て​いる​領域

自動化​機能​の​簡略化

シンプル​な​単発​の​テスト​から​反復​性​の​ある​特殊​な​タスク​へ​と​計測​が​進化​する​過程​で、​多く​の​場合​プログラミング​が​必要​と​な​って​き​ます。​カスタム​プログラミング​を​わか​りや​すく、​さらに​使い​や​すく​する​こと​で、​自動化​作業​の​手間​を​最小限​に​する​こと​が​でき​ます。​この​よう​な​画期的​な​アプローチ​により、​対話​式​パネル​が、​アプリケーション​自動化​の​スターティング​ポイント​として​使用​できる​機能​コード​に​変わり​ます。

学習/​ヘルプ​機能​の​搭載

製品​内​に​学習​用​コンテンツ​の​提供​システム​を​組み込む​こと​で、​あらゆる​ソフトウェア​環境​の​使い方​を​習得​する​時間​と​労力​を​最小限​にし​ます。​Web​上の​ヘルプ​ページ​に​わざわざ​アクセス​し​なく​て​も、​製品​を​使用​した​まま、​その​場​で​コンテンツ​に​アクセス​し、​製品​の​使い方​を​学ぶ​こと​が​でき​ます。

対話​式​の​データ​解析/​管理

データ​は​極めて​重要​です。​コード​作成​を​する​こと​なく​データ​を​確認​する​機能​など、​データ​の​解析​と​視覚​化​の​機能​に​重点​的​に​取り​組​んで​い​ます。​収集​した​データ​に対して、​デスク​トップ​や​エッジ​に​実装​さ​れ​た​インライン​解析、​サーバ​サイド​解析​も​対話​式​に​統合​し​てい​た​だけ​ます。

デスク​トップ​から​Web​まで​対応​した​最新​の​UI​開発

デスク​トップ​から​任意​の​Web​ブラウザ​まで、​多彩​な​実装​が​可能​な​最新​の​対話​式​UI​を​作成​でき​ます。​各​UI​は、​標準​で​内蔵​さ​れる​拡張​可能​な​API​を​使​って​カスタマイズ​する​こと​が​でき​ます。

プログラミング​の​生産​性​向上

コード​の​作成​時​でも​構成​ベース​の​手法​でも、​操作性​に​一貫性​の​ある​UI、​視覚​的​な​設計​要素、​使い​慣​れ​た​レイアウト​概念​など、​統合​性​に​優​れ​た​最新​ソフトウェア​環境​で​対話​式​操作​が​行​え​ます。

サーバ​サイド​の​データ​解析/​管理

データ​の​処理​と​解析​は、​デスク​トップ​外​で​行​われる​こと​も​あり​ます。​新​技術​では、​サーバ​サイド​解析​と​対話​式​Web​インタフェース​により、​収集​した​データ​に対して​大規模​な​バッチ​処理​を​リモート​で​実行​する​こと​が​でき​ます。