NI-9760​は​ご​購入​い​た​だけ​ま​せん。

お​問い合わせ​の​モデル​は​お客様​の​国​では​ご​購入​い​た​だけ​ま​せん。

NI-9760

NI-9760

C​シリーズ​VR/​ホール​インタフェース​モジュール

価格​を​問い合わせる

6 チャンネル C シリーズ VR/​ホール​インタフェース​モジュール—​NI‑9760​に​は、​6​個​の​差動​入力​チャンネル​が​備​わっ​てい​ます。​これらの​チャンネル​は​個別に​可変​リラ​ク​タンス​型​(VR)​または​ホール​効果​センサ​入力​として​構成​する​こと​が​可能​です。 各​チャンネル​に​は、​外部​デジタル​出力​が​備​わ​って​おり、​調節済みのデジタル化された​VR/​ホール​効果​入力​信号​が​出力​さ​れ​ます。 VR​回路​は、​連続​的​に​VR​パルス​が​入力​さ​れ​て​いる​間、​適応​ノイズ​除去​機能​を​使用​し​ます。 DAC​セット​ポイント​を​使用​し​て、​固定​さ​れ​た​アーミング​の​しき​い​値​を​設定​する​こと​が​でき​ます。 ホール​効果​回路​は、​ホール​効果​センサ​および​近接​センサ、​あるいは​任意​の​デジタル​信号​ソース​から、​様々​な​シングル​エンド​または​差動​デジタル​信号​を​読み取り​ます。 DAC​セット​ポイント​を​使用​し​て、​論理​しき​い​値​を​設定​する​こと​も​でき​ます。 各​ホール​効果​チャンネル​に​は、​プログラム​設定​可能​な​プルアップ​抵抗​が​備​わ​って​おり、​センサ​を​オープン​コレクタ​出力​に​接続​する​こと​が​でき​ます。

製品​サポート​リソース

製品​の​使い方​が​よく​わかる​製品​マニュアル​を​ご​用意​し​てい​ます。

サンプル​プログラム​や​トラブル​シューティング​情報​など、​あらゆる​サポート​コンテンツ​を​ご​用意​し​てい​ます。

NI​コミュニティ​の​メンバー​と​の​ネットワーク​作り​や​情報​共有​が​可能​です。​また、​質問​を​投稿​する​こと​も​でき​ます。