センサ​や​アクチュエータ​を​用​い​た​物理​システム​の​計測​に​LabVIEW​を​使用​する​メリット

LabVIEW​で計測データを視覚化すれば、​す​ば​やく​意思​決定​を​下せる​よう​に​なり​ます。​シームレス​な​ハードウェア​統合、​わか​り​やすい​プログラミング、​内蔵​の​解析​アルゴリズム​といった​LabVIEW​の​特長​が、​自動化​および​カスタマイズ​の​複雑​性​を​軽減​し​ます。

LabVIEW​で​できる​こと

NI​の​データ​収集​ハードウェア​および​他社​製​デバイス​と​の​優​れ​た​統合​性​を​発揮​する​LabVIEW​を​使​え​ば、​必要​な​計測​データ​を​簡単​かつ​迅速​に​収集​でき​ます。​ハードウェア​の​配線​や​構成​の​検証​は、​ハードウェア​を​視覚​的​に​表示​する​こと​で​容易​に​なり、​データ​へ​の​すばやい​アクセス​が​実現​し​ます。​また、​アプリケーション​の​ニーズ​に​合わせ​て​システム​を​自動化​する​に​は、​LabVIEW​特有​の​グラフィカル​プログラミング​アプローチ​を​用​い​ます。​これ​により、​手動​で​計測​を​繰り返し​行う​手間​を​減らす​こと​が​でき​ます。

LabVIEW​を​使用​する​こと​の​メリット

計測​ハードウェア​に​す​ば​やく​接続

LabVIEW​では、​NI​の​ハードウェア​が​視覚​的​に​表示​さ​れる​ため、​ハードウェア​構成​の​検証​と​計測​データ​の​表示​を​す​ば​やく​行​って、​セットアップ​時間​を​短縮​する​こと​が​でき​ます。​他社​製​デバイス​を​スムーズ​に​アプリケーション​に​統合​する​ため​の​ドライバ​も​多数​用意​さ​れ​て​おり、​通常、​API、​サンプル​プログラム、​ドキュメント​が​付属​し​てい​ます。

計測​の​カスタマイズ​と​繰り返し​を​行​って、​アプリケーション​要件​に​対応

LabVIEW​を​使​え​ば、​手動​で​計測​を​繰り返す​手間​を​省​け​ます。​負担​の​多い​従来​の​プログラミング​と​は​異​な​って、​LabVIEW​特有のグラフィカルプログラミングアプローチを用いれば、​簡単​に​計測​を​自動化​でき​ます。​エンジニア​や​研究者​を​対象​と​した​グラフィカル​アプローチ​は、​アイデア​を​関数​コード​に​マッピング​し​て、​アプリケーション​の​ニーズ​を​満​た​し​ます。

データ​から​即座​に​洞察​を​引き出し、​す​ば​やく​意思​決定​を​下す

LabVIEW​に搭載された​1,000​種類​以上​の​アルゴリズム​を​使​って、​信号​の​視覚​化​および​解析​を​行う​こと​で、​計測​データ​から​洞察​を​引き出す​こと​が​でき​ます。​プログラミング​は​必ずしも​必要​では​ありま​せん。​また、​これらの​アルゴリズム​を​統合​した​り、​他社​製​ソフトウェア​の​既存​コード​を​再​利用​した​り​する​こと​で、​データ​の​収集​と​並行​し​て​解析​を​行い、​迅速​な​意思​決定​を​下す​こと​が​でき​ます。

データ​の​保存​と​レポート​作成​を​自動化

LabVIEW​に​は、​ファイル​管理​機能​が​備​わ​って​おり、​標準​の​ファイル​形式​(バイナリ、​テキスト、​CSV​など)​で​データ​を​保存​し、​共有​する​こと​が​でき​ます。​データ​の​形式​や​レポート​作成​を​カスタマイズ​する​に​は、​ファイル​保存​関数​を​使い​ます。​計測​条件​や​イベント​に​基​づ​い​て、​データ​の​取得​を​トリガ​する​こと​が​でき​ます。

効率​的​な​スキル​の​習得​で​開発​を​スピードアップ

自習​または​認定​イン​スト​ラ​クタ​による​指導​を通じて、​LabVIEW​と​NI​の​データ​収集​ハードウェア​を​使用​する​際​の​生産​性​を​高める​こと​が​でき​ます。​LabVIEW​ソフトウェア​サービス​に​含​ま​れる​オンライン​トレーニング​を​利用​した​り、​授業​形式​の​トレーニング​コース​を​受講​し​て、​実践​形式​で​自動​計測​システム​の​開発​を​学ぶ​こと​が​でき​ます。