テスト​システム​を​TestStand​で​実装​および​デバッグ​する​方法

TestStand​では、​内蔵​デバッグ​ツール​で​コード​を​検証​し​て、​テスト​アプリケーション​の​デバッグ​を​迅速​化​でき​ます。​また、​効率​よく​テスト​システム​を​複製​および​実装​し​て、​テスト​ソフトウェア​の​配布​を​自動化​でき​ます。

TestStand​で​できる​こと

TestStand​の内蔵デバッグ機能を使用すれば、​テスト​コード​の​デバッグ​に​費やす​時間​を​短縮​する​こと​が​でき​ます。​シーケンス​に​沿​って​テスト​値​の​変化​を​追跡​した​り、​ブレーク​ポイント​を​設け​て​実行​を​一時​停止​し、​テスト​コード​の​特定​部分​を​詳​しく​調べ​たり​する​こと​が​可能​です。​テスト​コード​を​製造​マシン​に​実装​する​作業​も、​インストーラ​の​ビル​ド​や​配布​を​自動化​する​ユーティリティ​が​ある​ので​簡単​です。

TestStand​を​使用​する​こと​の​メリット

テスト​システム​を​効率​よく​複製​および​実装

TestStand​デプロイメントユーティリティを使用すれば、​テスト​ソフトウェア​アプリケーション​全体​を​迅速​に​複製、​配布​でき​ます。​この​ツール​では、​コード​モジュール、​テスト​シーケンス、​関連​ファイル​を​製造​システム​に​配布、​インストール​する​プロセス​を​自動化​でき​ます。

内蔵​デバッグ​ツール​で​テスト​システム​を​トラブル​シュート

TestStand​の​内蔵​ツール​により、​テスト​システム​の​開発​中​に​シーケンス​を​デバッグ​できる​ため、​実装​前​に​エラー​を​発見​でき​ます。​テスト​シーケンス​を​ステップ​実行​し​て​挙動​を​調査​し、​テスト​コード​を​直接​デバッグ​し​て、​ダウン​タイム​を​短縮​でき​ます。

ユーザ​インタフェース​を​カスタマイズ​し​て​テスト​の​ニーズ​を​満たす

実装​システム​の​テスト​を​構成​および​実行​する​ため​の​シンプル​な​オペレータ​インタフェース​が​用意​さ​れ​てい​ます。​さらに、​複数​の​プログラミング​環境​で​独自​の​ユーザ​インタフェース​を​開発​し、​テスト​システム​の​操作​方法​を​カスタマイズ​する​こと​も​でき​ます。