Multisim​を​使​って​デジタル​論理​を​教授​し、​実装​する​方法

Multisim​の​種類​豊富​な​デジタル​コンポーネント​ライブラリ​および​シームレス​な​ハードウェア​統合​によって、​デジタル​論理​を​任意​の​Digilent FPGA​デバイス​に​簡単​に​実装​する​こと​が​でき​ます。

デジタル​回路​を​作成・​実装​し​て​論理​の​基本​に対する​理解​を​深める

Multisim​の​プログラマブル​ロジック​ダイ​ア​グラム​(PLD)​回路​図​を​使用​し​て、​教科書​で​見る​よう​な​グラフィカル​な​論理​図​を​作成​し、​それら​を​任意​の​Digilent FPGA​ボード​に​実装​する​こと​が​でき​ます。​学生​は​将来​の​コース​ワーク​で​Verilog​および​VHDL​を​学習​する​準備​を​整える​こと​が​でき​ます。

MULTISIM​が​学習​を​加速​させる​方法

教科書​の​理論​に​とど​ま​ら​ない​デジタル​論理​の​基礎​学習

大半​の​SPICE​シミュレーション​ソフトウェア​では​限界​と​さ​れる​こと​も、​Multisim​では、​実際​の​ハードウェア​に対する​シミュレーション​と​実装​の​両方​を​可能​に​する​種類​豊富​な​デジタル​コンポーネント​ライブラリ​で​実現​し​ます。

Multisim​で​Digilent​デジタル​エレクトロニクス​ボード​を​プログラム

Multisim​環境​から​直接​任意​の​Digilent FPGA​デバイス​を​プログラム​できる​ため、​学生​は​理論​を​実際​の​回路​に​結び​付け​や​すく、​難易度​の​高い​デジタル​論理​の​概念​に​も​挑む​こと​が​でき​ます。

内蔵​の​真理​値​表​を​使​って​論理​を​簡素化

Multisim​に​は​真理​値​表​が​搭載​さ​れ​て​いる​ため、​論理​を​解析​し、​等価​回路​を​見​つけ、​より​少ない​数​の​コンポーネント​で​デジタル​回路​を​簡素​化​する​こと​が​でき​ます。​実際​の​産業​において​この​スキル​を​使​え​ば、​製造​コスト​を​削減​し、​信頼​性​を​向上​させる​こと​が​でき​ます。

Multisim​と​Digilent​デジタル​エレクトロニクス​ハードウェア​で​デジタル​カウンタ​を​使用

Multisim​では、​ハードウェア​の​カウンタ​を​使う​こと​が​でき​ます。​この​体験​を​踏​ま​えて、​Verilog​や​VHDL​といった​より​高度​な​記述​言語​の​学習​へ​進む​こと​が​でき​ます。