Analysis Server​で​データ​を​解析​する​方法

Analysis Server​は、​サーバ​における​後処理​スクリプト​を​自動化​する​こと​で、​より​多く​の​データ​を​解析​し、​データ​から​最大​の​イン​サイト​を​引き出せる​よう​にし​ます。

Analysis Server​で​できる​こと

Analysis Server​では、​サーバ​における​データ​解析​および​レポート​生成​の​自動化​を​簡単​に​行​え​ます。​チーム​内​の​ドメイン​エキスパート​が​作成​した​DIAdem​および​Python​スクリプト​の​再​利用、​解析​スクリプト​実行​の​タイミング​を​決める​ロジック​および​トリガ​オプション​の​対話​的​な​設定、​サーバ​構成​の​複数​の​オプション​の​使用​など​により、​データ​に​基​づ​い​た​確実​な​意思​決定​を​下す​こと​が​でき​ます。

Analysis Server​を​使用​する​メリット

新しい​ファイル​を​インテリジェント​に​解析​し、​自動​で​レポート​生成​を​行う

Analysis Server​は​解析​と​レポート​生成​を​自動化​し​ます。​DIAdem​および​Python​スクリプト​を​アップ​ロード​した​り、​実行​する​スクリプト​と​実行​する​タイミング​を​制御​する​トリガ​および​ロジック​オプション​を​選択​した​り​でき​ます。​また、​Web​マネージャ​または​REST API​を​使用​し​て​タスク​を​セットアップ​し​て​実装​でき​ます。

チーム​内​で​解析​および​レポート​生成​を​標準化​する

Analysis Server​は​チーム​内​で​の​データ​解析​および​レポート​生成​を​効率​化​し​ます。​ドメイン​エキスパート​が​作成​した​スクリプト​を​最大​10,000​個​アップ​ロード​し​て​チーム​内​で​使用​する​こと​が​でき​ます。​管理者​アカウント​を​使用​し​て、​タスク​の​構成​および​管理​アクセス​を​制限​した​り、​チーム​の​ニーズ​拡大​に​伴​って​並列​タスク​を​さらに​追加​した​り​でき​ます。