InstrumentStudio™​で​複数​の​計測​器​を​まとめ​て​操作​する​方法

InstrumentStudio​では、​オシロスコープ​や​波形​発生​器、​DMM​など、​様々​な​種類​の​計測​器​の​ソフト​フロント​パネル​機能​が​1​つ​に​統合​さ​れ​てい​ます。​そのため、​たとえ​複数​の​計測​器​を​同時に​使​わな​け​れ​ば​なら​ない​場合​でも、​操作​は​いたって​シンプル​です。​また、​プロジェクト​の​保存​や、​種類​の​異なる​計測​器​から​の​計測​データ​の​一括​エクスポート​が​可能​な​ため、​これまで​以上​に​PXI​計測​器​を​インタラクティブ​(対話​的)​に​使いこなせる​よう​に​なり​ます。

InstrumentStudio​で​できる​こと

InstrumentStudio​では、​種類​の​異なる​複数​の​計測​器​を​まとめ​て​インタラクティブ​に​操作​でき​ます。​計測​データ​が​表示​さ​れる​グラフ​など​の​レイアウト​を​自由​に​アレンジ​した​り、​計測器に設定したいパラメータをプロジェクトに保存すれば、​特定のデバイスをテストするために最適な操作環境をいつでも即座に呼び出せます。​また、​複数​の​計測​器​から​の​計測​データ​の​スクリーン​ショット​を​ワン​クリック​で​保存​した​り、​計測​した​生​の​データ​を​計測​器​の​設定​情報​を​付加​する​形​で​エクスポート​した​り​する​こと​も​でき​ます。

InstrumentStudio​を​使用​する​こと​の​メリット

構成​を​プロジェクト​に​保存

InstrumentStudio​では、​画面​の​レイアウト​や​計測​器​の​パラメータ​を​プロジェクト​ファイル​に​保存​でき​ます。​そのため、​次に​同様​の​計測​を​行​いたい​場合​や、​同じ​計測​を​別​の​テスト​ベンチ​で​行​いたい​場合​に、​プロジェクト​を​再度​開​け​ば​前回​と​同じ​条件​で​計測​を​再開​できる​ため、​作業​効率​と​計測​の​再現​性・​一貫性​を​向上​でき​ます。

データ​を​エクスポート

計測​した​生​の​データ​に、​計測​器​の​情報​や​計測​器​の​設定​内容​など​を​付加​した​TDMS(テクニカル​データ​管理​ストリーミング)​ファイル​を​簡単​に​エクスポート​できる​ため、​後​から​データ​を​参照​する​際​に、​計測​当時​の​条件​を​漏​ら​さ​ず​把握​でき​ます。​また、​TDMS​形式​の​データ​は、​Microsoft Excel​や​DIAdem​で​簡単​に​扱​え​ます。

複数​の​計測​器​の​スクリーン​ショット​を​キャプチャ

計測​データ​が​表示​さ​れ​た​ソフト​フロント​パネル​の​スクリーン​ショット​を​簡単​に​作成​でき​ます。​PNG​ファイル​として​保存​する​こと​も、​クリップ​ボード​に​保存​し​て​レポート​や​電子​メール​に​貼​り​付ける​こと​も​でき​ます。