DIAdem​を​使用​し​て​エ​レ​ク​トロ​メカニカル​システム​の​挙動​を​検証​する​方法

DIAdem​を使用すれば、​エ​レ​ク​トロ​メカニカル​システム​を​検証​し​て、​その​挙動​を​確実​に​把握​する​こと​が​でき​ます。​データ​を​検出、​把握、​および​解析​でき、​レポート​を​作成​し​て​意思​決定​を​他者​に​伝える​こと​が​でき​ます。

DIAdem​で​できる​こと

DIAdem​を使用すれば、​異なる​ソース​から​様々​な​センサデータ​を​す​ば​やく​検索​し​て、​抽出​する​こと​が​でき​ます。​データ​を​ロード​したら、​同期​再生​し​て​関係​性​を​把握​し​ます。​工学​に​特​化​した​内蔵​解析​関数​を​使用​し​て​データ​から​イン​サイト​を​引き出し​たり、​独自​の​カスタム​式​を​記述​した​り​でき​ます。​簡単なドラッグアンドドロップ式レポートエディタおよび複数のエクスポート形式を使用してプロ仕様のレポートを作成すれば、​解析​結果​を​他者​へ​伝える​こと​も​でき​ます。

DIAdem​を​使用​する​こと​の​メリット

異なる​ソース​から​様々​な​センサデータ​を​す​ば​やく​抽出

DIAdem​の​内蔵​データ​検索​ツール​によって、​異なる​ソース​から​手動​で​データ​を​検索​する​非​効率​性​を​解消​でき​ます。​単純​または​複雑​な​検索​ク​エリ​を​使用​し​て、​複数​の​ファイル​から​データ​を​す​ば​やく​検索​し​て​ロード​する​こと​が​でき​ます。​ファイル​形式​や、​データ​の​場所​が​ローカル​か​ネットワーク​上​か​など​は​関係​ありま​せん。

データ​を​同期​再生​し​て​全体​像​を​把握

DIAdem​を​使用​し​て、​システム​全体​の​データ​の​関係​性​を​把握​でき​ます。​複数​チャンネル​から​の​センサデータ​を​簡単​に​並べて​表示​し、​比較​した​り、​ビデオ​および​GPS​データ​を​追加​し​て​文脈​を​示し​たり​でき​ます。​全て​を​同期​再生​する​こと​で、​全体​像​を​把握​でき​ます。

工学​に​特​化​した​解析​関数​で​データ​を​変換

DIAdem​で​工学​に​特​化​した​内蔵​解析​関数、​または​独自​の​カスタム​式​を​使用​し​て、​データ​を​イン​サイト​に​変換​する​こと​が​でき​ます。​解析​関数​は、​ポイント​し​て​クリック​する​だけ​の​シンプル​な​インタフェース​で​設定​でき​ます。​結果は異なるチャンネルに保存され、​未処理​データ​に​は​処理​が​施​さ​れ​ま​せん。

プロ​仕様​の​レポート​で​解析​結果​を​他者​に​伝える

DIAdem​では、​ドラッグ​アンド​ドロップ​式​エディタ​を​使用​し​て、​プロ​仕様​の​カスタム​レポート​テンプレート​を​簡単​に​作成​でき​ます。​レポート​は、​PDF、​HTML、​Microsoft PowerPoint​といった​一般​的​な​形式​に​エクスポート​でき​ます。​テンプレートを新しいデータセットで再利用すれば、​チーム​内​で​標準化​さ​れ​た​一貫性​の​ある​レポート​を​作成​でき​ます。