産業​用​設備​の​状態​監視

稼働​時間​と​運用​状況​を​最適​化​する​に​は、​オープン​な​システム​を​使​っ​た​データ​収集​と、​エッジ​で​の​インテリジェント​な​データ​選別、​そして、​生産​性​の​高い​解析​ツール​を​活用​する​こと​が​有効​です。

発電​の​予知​保全​を​向上

オンライン​監視​の​新しい​技術​を​取り入れる​こと​により、​タービン​など​の​工場​設備​を​データ​中心​の​統合​型​ソフトウェア​ソリ​ュ​ー​ション​に​接続​し​て、​稼働​時間​を​長​くし、​コスト​を​削減​する​こと​が​でき​ます。

現場​機材​の​故障​を​防ぐ

安全​性​や​業務​運営​に​影響​が​及ぶ​前​に​障害​を​検出​する​こと​は​重要​です。​現在、​重機​や​鉄道​に​使用​さ​れ​て​いる​コネ​ク​テッド​な​状態​監視​システム​は、​センサ​の​柔軟性、​処理​性能、​堅牢​な​パッケージング​の​統合​を​必要​として​い​ます。

稼働​時間​を​向上

障害​の​発生​を​予測​する​か​しない​か​は、​予期​せ​ぬ​休業​状態​に​陥る​こと​と、​利益​の​ある​四半期​を​送る​こと​を​天秤​に​かける​の​と​同じ​です。​機械​の​状態​を​より​可視​化​する​オンライン​監視​システム​を​使用​し​て、​計画​的​な​ダウン​タイム​の​最大​活用​を​実現​しま​せん​か。

NI​アプローチ​の​メリット

業界​最高​レベル​の​データ​アクセス

NI​の​ツール​で​収集​データ​全て​を​フル​活用​し、​法医学​的​分析、​後処理、​エクスポート、​ストレージ​といった​様々​な​運用​に​役立てる​こと​が​でき​ます。

オープン​ソフトウェア

カスタム​解析​や​他社​製​ハードウェア​から​の​データ​を​追加​し、​API、​通信​プロトコル、​ソフトウェア​開発​キット​を​使用​し​て、​必要​に​応​じ​て​既存​ソフトウェア​に​接続​でき​ます。

あらゆる​設備​と​計測​に​対応

より​賢明​に​ビジネス​上の​意思​決定​を​下す​に​は、​十分​な​データ​を​取得​する​こと​が​必要​です。​あらゆる​設備​に​接続​し、​あらゆる​タイプ​の​センサ​や​信号​を​計測​する​に​は、​NI​の​モジュール​式​ハードウェア​が​最適​です。