プロトタイプ​を​作成​する​6​つ​の​メリット

概要

新しい​アイデア​という​の​は​心​躍る​もの​ですが、​エンジニア​にとって​は、​それ​は​新しい​設計​で​あり、​そして​それ​が​新しい​製品​へ​と​つながり​ます。​アイデア​段階​から​市場​投入​まで​の​道のり​は、​予期​せ​ぬ​障害​物​に​あふれ​た​長​く​険しい​もの​です。​プロトタイプを作成すれば、​その​よう​な​険しい​道のり​を​平坦​に​できるだけ​で​なく、​さらに​いくつか​の​メリット​も​も​たら​し​ます。​この​記事​では、​プロトタイプ​を​作成​する​6​つ​の​メリット​について​紹介​し​ます。

目次

  1. プロトタイプ​と​は?
  2. プロトタイプ​を​作成​する​メリット
  3. 実際​に​試作​する

プロトタイプ​と​は?

プロトタイプと​は、​新しい​設計​を​最初​に​実物​大​で​形​に​する​もの​で、​動作​性​を​伴​って​い​ます。

トップ​へ​戻る

プロトタイプ​を​作成​する​メリット

1. 早い​段階​で​の​失敗​は​高​くつ​か​ない - イノベーション​に​失敗​の​リスク​は​つきもの​です。​エジソン​は、​「電球​を​作​ら​ない​何​千​もの​方法​を​学​ん​だ」​という​言葉​を​残​し​てい​ます。​試作​する​こと​で、​うまく​行​か​ない​方法​を​早期​に​排除​し、​成功​する​方法​に​絞り込む​こと​が​でき​ます。

2. より​精度​の​高い​要件​を​集める - プロジェクト​コスト​の​約​半分​は、​不十分​な​要件​が​原因​の​作り​直し​による​コスト​です。​見​て​も​い​ない​製品​を​概念​化​する​の​は​難​しく、​インタビュー​や​フォーカス​グループ​といった​従来​の​要件​収集​方法​では​不十分​です。​実用​可能​な​プロトタイプ​を​作成​する​こと​で、​機能​を​実際​に​試し​て​み​て​完成​品​に​盛り込む​要件​を​固める​こと​が​でき​ます。

3. 問題​点​を​技術​的​に​理解​する - 問題​点​の​理解​に​は​時間​が​必要​です。​設計​プロセス​の​早い​段階​で​システム​アーキテクチャ​に​取り​組​ま​なく​て​は​なら​ない​の​は​非​効率​的​です。​「時間​を​戻す​こと​が​でき​たら・・・」。​そう​思​っ​た​こと​は​ありま​せん​か。​実用​プロトタイプ​を​作成​する​こと​で、​機器​設計​の​技術​面​における​予測​可能​な​問題​と​予期​せ​ぬ​問題​の​両方​に対し​対策​を​とる​こと​が​でき​ます。​そして​その​対策​の​結果​は、​最終​的​な​実装​ソリューション​に​移行​する​際​に、​より​洗練​さ​れ​た​システム​設計​として​組み込む​こと​が​でき​ます。

4. 意見​の​対立​を​解決​する ― 優​れ​た​技術​者​は、​特定​の​機能​の​実装​方法​について​確固たる​考え​を​持​って​い​ます。​技術​者​間​の​意見​の​食い違い​は、​対立​に​発展​し​ます。​どちら​の​側​も​その​裏付け​として​持​って​いる​の​が​個人​の​意見​や​経験、​憶測​だけ​では、​解決​に​は​なかなか​結び付き​ま​せん。​試作プラットフォームを活用すれば、​様々​な​機能​の​実装​方法​を​試し、​その​結果​を​ベンチマーク​する​こと​で、​それぞれ​の​方法​を​比較​する​こと​が​でき​ます。​時間​の​節約​に​なる​だけ​で​なく、​設計​に関して​正しい​判断​を​行う​こと​が​でき​ます。

5. 資金​の​調達 - IT​バブル​が​はじ​け​て​以来、​ベンチャー​キ​ャ​ピタリ​スト​など​の​投資​家​は、​新興​企業​へ​の​投資​に対し​リスク​回避​傾向​を​強​め​てい​ます。​大​企業​でも、​利益​を​上げ​な​け​れ​ば​なら​ない​会社​の​上層​部​から、​社内​プロジェクト​が​同様​の​監査​の​対象​と​な​って​い​ます。​アイデア​の​実用​性​を​プロトタイプ​を​使​って​示す​こと​で、​投資​の​リスク​を​軽減​できる​ため、​予算​を​獲得​できる​可能性​が​高まり​ます。

6. 特許​申請​が​容易 - 1880​年​以前​は、​特許​を​申請​する​際​全て​の​発明​者​は​発明​品​の​現物​または​試​作品​を​特許​事務所​に​提示​する​必要​が​ありま​した。​現在、​米国​特許​商標​局​では、​技術​や​発明​を​最初​に​着想​し​実用​化​した​発明​者​に​特許​を​付与​する​「先​発明​主義」​を​採用​し​てい​ます。​現在​では​その​よう​な​義務​は​ありま​せん​が、​やはり​「実用​性」​を​示す​上​では​試​作品​を​提示​する​の​が​最も​よい​方法​です。

トップ​へ​戻る