Time Sensitive Networking

Time Sensitive Networking(TSN)​は、​標準​Ethernet​規格​で​ある​IEEE 802.1​を​拡張​した​もの​で、​ネットワーク​ベース​の​時間​同期​と​確定​的​な​通信​を​可能​に​する​技術​です。

TSN​の​主​な​メリット

TSN​は​標準​Ethernet​規格​の​拡張​規格​で​ある​ため、​ネットワーク​経由​で​デバイス​を​正確​に​同期​する​こと​が​でき、​現在​一般​的​で​ある​外部​信号​ベース​の​同期​手法​を​用いる​必要​が​ありま​せん。​こうした​分散​システム​における​時間​の​概念​によって、​トラ​フィックス​ケ​ジュー​リング​と​時間​に​依存​する​データ​の​確定​的​な​転送​も​可能​に​なり​ます。​低​レイ​テン​シ​や​最小限​の​ジッタ​は​閉ループ​制御​では​不可欠​となり、​製造​工程​や​マシン​制御​など​の​工業​アプリケーション​にとって​は​重要​な​ポイント​となり​ます。

時間​同期
トラ​フィックス​ケ​ジュー​リング
システム​構成

配線​の​スリム化

Ethernet​経由​の​時間​同期​が​可能​に​なる​こと​によって、​同期​信号​用​の​ケーブル​を​別途​配線​する​必要​が​なく​なり​ます。

オーバー​ヘッド​プログラミング​の​低減

データ​は​収集​後に​調整​する​必要​が​ありま​せん。​異種​システム​が​全て​同じ​時間​の​観念​を​共有​し​て​いる​ため​です。

シンプル​な​システム​セットアップ

全て​の​テスト​対象​デバイス​を​1​本​の​ケーブル​で​Ethernet​経由​で​テスト​機器​に​接続​し、​データ​と​時間​の​共有​を​実現​し​ます。

最新​の​技術​動向


TSN Ethernet​ベース​の​分散​型​測定​システム​の​設計

時間​同期、​トラ​フィックス​ケ​ジュー​リング、​システム​構成、​ソフトウェア​で​の​実装​の​詳細​を​解説​し​ます。

おすすめ​の​コンテンツ

注目​の​TSN​対応​製品