インダストリアル​IoT​を​推進​する

お客様​の​大切​な​設備​が​最大限​の​能力​で​稼動​し​て​いる​という​安心​感。​それも​NI​の​技術​が​支え​てい​ます。

一番​大切​な​モノ​の​力​を​最大限​に​引き出す

“モノ”を​計測・​制御​技術​を​用​い​て​接続、​同期することで様々な情報が得られ、​それ​によって​性能​向上​や​アップ​タイム​延長​が​実現​し、​イノベーション​を​加速​させる​こと​が​できる​と同時に、​運用​コスト​も​削減​でき​ます。​しかし​そうした​情報​の​活用​は、​信頼​性​の​高い​高​確度​な​データ​の​有無​に​左右​さ​れ​ます。​これまでに​ない​高度​な​計測・​制御​機能、​堅牢​性、​接続​性​を​備え​た​NI​の​技術​と、​専門​性​に​富​ん​だ​NI​の​エコ​システム​が​あれ​ば、​インダストリアル​IoT(IIoT)​の​メリット​を​実現​する​こと​が​でき​ます。

 

NI​技術​の​競争力

接続​性​の​高い​オープン​な​ソフトウェア

IIoT​の​強み​は​単独​で​発揮​できる​わけ​では​ありま​せん。​そのため​NI​の​ソフトウェア​は、​サード​パーティ​の​解析​パッケージ​や​データベース、​クラ​ウド​プラットフォーム​と​の​非常​に​高い​統合​性​を​備え​てい​ます。

優​れ​た​制御性

エッジ​における​機械​学習​モデル、​特徴​抽出、​ナノ​秒​制御​によって、​プロセス​と​設備​の​運用​性​を​最大​に​高める​こと​が​でき​ます。

同期​性能​に​優​れ​た​堅牢​な​ハードウェア

NI​の​ハードウェア​は、​過酷​な​環境​に​耐え​うる​設計​と​な​って​い​ます。​時間​依存​ネット​ワーキング​(TSN)​技術​を​搭載​し​て​いる​ため、​いつ​でも​どこ​でも​データ​から​即座​に​情報​を​引き出す​こと​が​でき​ます。

信頼​性​の​高い​高​確度​の​計測

40​年​以上​にわたって​培​っ​た​データ​収集​の​ノウハウ​に​基づく​実証​済み​の​NI​技術を利用すれば、​あらゆる​センサ​から​信頼​性​の​高い​高​確度​な​実​世界​データ​を​収集​する​こと​が​でき​ます。

最新​の​技術​動向


時間​依存​ネット​ワーキング

TSN​は、​IIoT​の​土台​で​ある​標準​Ethernet​に対して、​確定​性​を​もたらす​技術​です。​プロセス/​機械​制御​など​の​産業​用​アプリケーション​では、​閉ループ​制御​要件​へ​の​対応​において、​低​遅延​や​低​ジッタ​が​不可欠​で​あり、​そのため​TSN​が​鍵​となり​ます。​NI​では、​インダストリアル・​インターネット・​コンソーシアム​(IIC)​の​複数​の​加盟​企業​と共に、​相互​運用​性​を​持つ​完全​に​オープン​な​標準​規格​として、​TSN​の​実現​に​取り​組​んで​い​ます。

IIoT​の​取り組み

データ​に​基づく​意思​決定


Big Analog Data™​ソリューション

NI​のプラットフォームを使用すれば、​あらゆる​センサ​や​アクチュエータ​を​どんな“モノ”に​も​接続​し​て、​確度​の​高い​大量​の​データ​を​生成​する​こと​が​でき​ます。​しかし​IIoT​ソリューション​を​成功​させる​上​で​最も​重要​な​の​は、​その​データ​を​どう​扱う​か​です。​NI​の​技術​なら、​データ​から​意味​の​ある​情報​を​引き出す​こと​で、​ビジネス​上の​意思​決定​を​より​正確​に​行う​こと​が​でき​ます。​また​エッジ​における​ナノ​秒​レベル​で​の​解析/​制御​の​実行​や、​実施​する​テスト​の​回数​の​削減​を​可能​にし、​より​確か​な​製品​を​早期​に​市場​に​投入​する​こと​が​でき​ます。