発電​所​の​状態​監視

遠隔​地​に​ある​プラント、​アクセス​し​づらい​装置、​小規模​な​信頼​性​技術​チーム​といった​要素​は、​プラントの稼働時間を低下させます。​オンライン​状態​監視​技術​を​採用​する​こと​で、​保全​技術​者​は​現場​へ​出向く​前​に​問題​を​検出​した​り、​診断​した​り、​対応​の​優先​順位​を​決め​たり​する​こと​が​でき​ます。

発電​所​の​予防​保全​を​向上

現在​の​公共​施設​は​NI​の​技術​を​使用​し​て、​ガス/​蒸気​タービン、​ボイラー​給水​ポンプ、​発電​機、​ブロワー、​誘引​通風​機、​ポンプ、​粉砕​機、​ギア​ボックス、​潤滑油​ポンプ、​ボール​研磨​機、​循環​水​ポンプ​など、​何​千​もの​工業​設備​を​接続​し​てい​ます。​発電​所​が​異常​事態​の​発生​に​も​対応​できる​準備​を​整​え、​安全​かつ​効率​的​な​日常​業務​を​確実​に​行える​よう​に​する​こと​は​重要​です。​最新​技術​を​採用​する​こと​で、​技術​担当​者​の​生産​性​は​向上​し、​企業​は​将来​的​に​解析​および​機械​学習​ベース​の​予知​保全​を​行える​よう​に​なり​ます。​お客様​の​組織​では、​次世代​の​状態​監視​方式​を​導入​する​準備​は​整​って​い​ます​か。

オンライン​状態​監視​を​導入​する​メリット

保全​管理者​が​総合​的​な​信頼​性​を​向上​させる​際​に​直面​する​課題​と、​予知​保全​の​ため​の​オンライン​監視​ソリューション​の​実装​に​伴う​技術​面​の​検討​事項​を​ご​紹介​し​ます。

おすすめ​の​コンテンツ

製品​と​ソリューション

NI​ア​ライアン​ス​パートナー​ネットワーク

ア​ライアン​ス​パートナー​ネットワーク​に​は、​完全​な​ソリューション​構築​を​専門​と​する​950​社​以上​の​企業​が​参画​し​てい​ます。 システム​インテグレーション、​ターン​キー​ソリ​ュ​ー​ション​や​補助​製品​の​開発、​コンサルティング​から​トレーニング​サービス​まで、​それぞれ​特有​の​技術​力​を​備え、​高度​な​工学​プロジェクト​の​解決​を​お手伝い​し​ます。