対話式ベンチトップテスト

厳しい納期を守るには、製品設計を効率的にデバッグ・検証することが不可欠です。 仮想計測なら、インタフェースが統一されているため、従来の箱型計測器に比べメリットがあります。

NIのソリューション

私たちが日常使用するツールやデバイスのインタフェースは変化しています。電話や電気自動車、サーモスタットまで、ソフトウェアで機能や通信の定義や再構成ができるようになり、また、消費者が製品に求める機能も変わってきています。しかし、対話式テスト業界は、相変わらず単一目的の箱型計測器が主流です。そうした計測器は、物理的な入力、画面、ノブ、ボタンを搭載し、基本的な部分は50年間ほとんど変わっていません。 NIでは、VirtualBenchオールインワン計測器により、ベンチトップテストの高度化を実現しました。日常的なテストによく使用される計測器を1つのデバイスに統合し、1つのインタフェースでお持ちのPCやiPadに接続することができます。そのため、大画面やメモリ、接続機能、キーボードとマウスを活用して、生産性を大幅に高めることができます。さらにVirtualBenchには、記録/再生機能とファイルI/Oのハンズフリートリガ機能も搭載されています。

おすすめのコンテンツ

VirtualBench combines an oscilloscope, a function generator, a digital multimeter, a programmable DC power supply, and digital I/O in a single, compact device.
Instrument Fundamentals White Paper Series
Raspberry Pi Teardown Using VirtualBench

製品とソリューション

NIアライアンスパートナーネットワーク

アライアンスパートナーネットワークには、完全なソリューション構築を専門とする950社以上の企業が参画しています。 システムインテグレーション、ターンキーソリューションや補助製品の開発、コンサルティングからトレーニングサービスまで、それぞれ特有の技術力を備え、高度な工学プロジェクトの解決をお手伝いします。