コンポーネント/​サブ​アセンブリ​の​V&V(検証​と​妥当​性​確認)

コンポーネント/​サブ​アセンブリ​が​複雑​化​する​に​伴​い、​検証​と​妥当​性​確認、​および​耐久性​テスト​の​要件​は​急速​に​変化​し​ます。​テスト​システム​は、​電気​計測​および​物理​計測、​工業​用​通信、​作動、​テスト​対象​デバイス​(DUT)​制御​に​対応​できる​必要​が​あり​ます。

NI​の​ソリューション

飛行機、​宇宙、​および​防衛​システム​の​構築​に​使用​さ​れる​コンポーネント​および​サブ​アセンブリ​に​は​厳しい​テスト​が​不可欠​です。​あらゆる​動作​条件​において​仕様​が​満​た​さ​れる​こと​を​確認​する​に​は、​DUT​の​耐久性​の​特性​評価​および​テスト​を​行う​必要​が​あり​ます。​こうした​デバイス​が​複雑​化​する​につれ、​全て​の​製造​システム​と​の​併用、​フィールド​条件、​製品​の​耐用​年数​という​側面​から、​想定​どおり​に​機能​する​か​どうか​を​確認​できる、​より​高度​な​テスタ​が​必要​に​なり​ます。​プログラムが進行していくうちにコンポーネントおよびサブアセンブリが進化すれば、​新しい要件に見合うようにテスタの改良および再設計が強いられ、​この​想定​外​の​事態​により、​混乱​が​生​じ、​コスト​が​増す​可能性​が​あり​ます。​柔軟性​の​高い​NI​の​アプローチ​では、​多種​多様​な​I/​O​と​オープン​プラットフォーム​で​他社​製​の​システム​および​通信​プロトコル​を​統合​し​て、​テスト​システム​を​構築​する​こと​が​でき​ます。​NI​の機器を使用すれば、​新しい​設計​および​テスト​の​要件​に​合わせ​て、​テスト​システム​を​着実​に​進化​さ​せ​てい​く​こと​が​でき​ます。

おすすめ​の​コンテンツ

製品​と​ソリューション

NI​ア​ライアン​ス​パートナー​ネットワーク

ア​ライアン​ス​パートナー​ネットワーク​に​は、​完全​な​ソリューション​構築​を​専門​と​する​950​社​以上​の​企業​が​参画​し​てい​ます。 システム​インテグレーション、​ターン​キー​ソリ​ュ​ー​ション​や​補助​製品​の​開発、​コンサルティング​から​トレーニング​サービス​まで、​それぞれ​特有​の​技術​力​を​備え、​高度​な​工学​プロジェクト​の​解決​を​お手伝い​し​ます。