資源​を​保護​する

NI​の​施設​および​IT​インフラ​ストラクチャ​では、​エネルギー​消費量、​温室​効果​ガス​の​排出​量、​水​の​使用​量、​廃棄​物​を​削減​する​ほか、​リサイクル​を​推進​する​こと​で​資源​を​保護​し​てい​ます。​当社​では​2013​年​から​2023​年​にかけて、​従業​員​1​人​あたり​の​炭素​排出​量​を​10​パーセント​削減​する​という​長期​的​な​目標​を​掲​げ​てい​ます。​この​目標​を​達成​する​ため​に、​電気​および​天然​ガス​の​使用​削減​に​絶えず​取り​組​んで​い​ます。

2017​年​の​データ/​成果

電気

従業​員​1​人​あたり​の​購入​電力​使用量

総​購入​電力​(kWh)

地域 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
南北​アメリカ 21,948,848 21,972,911 21,343,360 20,737,355 22,897,504
アジア​太平洋 7,053,530 7,475,952 7,941,417 9,165,101 9,385,650
ヨーロッパ 8,037,909 8,966,163 9,633,818 10,044,767 10,379,575
合計 37,040,287 38,415,026 38,918,595 39,947,223 42,662,729

 

2015​年​は、​南北​アメリカ​の​1​つ​の​所在地​で​年間​の​総​電力​購入​量​データ​を​入手​でき​ま​せん​で​した。​この​ため、​入手可能だった​8​か​月間​の​データ​を​使用​し​て、​2015​年​の​当該​所在地​の​総​使用​量​を​推定​しま​した。

天然​ガス

従業​員​1​人​あたり​の​天然​ガス​使用量

天然​ガス​総​使用​量​(m3

地域 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
南北​アメリカ 71,201 90,199 67,921 45,466 56,929
アジア​太平洋 N/A N/A N/A N/A N/A
ヨーロッパ 380,176 390,743 612,849 582,341 579,141
合計 451,377 480,942 680,770 627,807 636,070

排出​量​の​削減

従業​員​1​人​あたり​の​炭素​排出量

これらの​排出​量​を​計算​する​ため、​世界​資源​研究所​(2012)​固定​燃焼​向け​GHG​プロトコル​ツール​(バージョン​4.4)、​世界​資源​研究所​(2008)​固定​燃焼​向け​GHG​プロトコル​ツール​(バージョン​4.0)、​および​世界​資源​研究所​(2008)​移動​燃焼​向け​GHG​プロトコル​ツール​(バージョン​2.2)​を​使用​し、​2005​年​を​固定​基準​年​と​しま​した。​入力​値​に​は、​追跡​対象​の​支社​所在地​における、​購入​電力​使用​量、​固定​燃焼​施設​に対して​使用​さ​れ​た​燃料、​企業​が​所有​または​リース​する​車両​で​使用​さ​れ​た​燃料​のみ​が​含​まれ​ます。

 

従業​員数​は、​追跡​対象​の​支社​所在地​における、​各​年​の​12​月​31​日​時点​の​フルタイム​および​パートタイム​の​合計​従業​員数​で​計算​さ​れ​てい​ます。

 

間接​炭素​排出​量​(トン)

地域 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
南北​アメリカ 13,106 13,103 12,599 12,217 13,512
アジア​太平洋 4,442 4,690 4,983 5,832 6,000
ヨーロッパ 2,752 3,069 3,294 3,370 3,478
合計 20,300 20,862 20,876 21,419 22,990

 

 

直接​炭素​排出​量​(トン)

地域 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
南北​アメリカ 169 237 152 116 142
アジア​太平洋 38 23 35 70 44
ヨーロッパ 807 821 1,181 1,199 1,196
合計 1,014 1,081 1,368 1,385 1,382

 

2014​年​以降、​アジア​太平洋​地域​および​ヨーロッパ​地域​の​一部​の​支社​所在地​では、​企業​が​所有​または​リース​する​車両​で​使用​さ​れ​た​燃料​について、​完全​な​データ​を​入手​でき​ま​せん​で​した。


2015​年​は、​南北​アメリカ​および​ヨーロッパ​地域​の​一部​の​支社​所在地​で、​固定​燃焼​施設​に対して​使用​さ​れ​た​燃料​について、​完全​な​データ​を​入手​でき​ま​せん​で​した。

水​使用量

従業​員​1​人​あたり​の​水​使用量

総​水​使用​量​(m3

地域 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
南北​アメリカ 79,572 94,120 85,067 77,380 91,588
アジア​太平洋 38,453 43,193 47,305 54,325 56,877
ヨーロッパ 14,769 13,807 22,163 40,590 33,717
合計 132,794 151,120 154,535 172,295 182,182

 

2015​年​は、​南北​アメリカ​の​1​つ​の​所在地​で​年間​の​総​水​使用​量​データ​を​入手​でき​ま​せん​で​した。​この​ため、​入手可能だった​8​か​月間​の​データ​を​使用​し​て、​2015​年​の​当該​所在地​の​総​使用​量​を​推定​しま​した。

生物​環境​と​歴史​の​保護

オース​ティン​の​NI​本社​構内​の​ほとんど​は、​建物​の​敷地、​歩道、​車道、​駐車​場​を​除​い​て​今​も​手つかず​の​自然​が​残​さ​れ​てい​ます。​NI​では​ほとんど​の​駐車​場​が​多層​式​で、​アスファルト​や​セメント​など、​不透水​物質​で​覆​われる​地面​の​面積​を​最小限​に​抑え​てい​ます。​開発されたランドスケープエリアには最小限の水で育つ在来植物が使用され、​敷地​内​に​は​石灰岩​の​陥没​穴​など、​重要​な​環境​特性​が​組み​込​まれ​てい​ます。​さらに、​NI​の​オース​ティン​構内​は、​全米​野生​生物​連盟​の​野生​生物​生息​地​として​認定​さ​れ​て​おり、​シカ、​鳥類、​キツネ​など​の​野生​生物​種​が​生息​し​てい​ます。

 

この​美しい​土地​を​保護​する​ため、​私​たち​は​定期​的​に​構内​を​見​回​って、​道路​や​駐車​場​から​流出​した​雨水​が​陥没​穴​に​流れ​込​ん​だり​生物​環境​を​脅​か​した​り​する​こと​が​ない​よう​に​対応​し​てい​ます。​さらに、​オース​ティン​構内​の​一部​は、​アメリカ​先住民​族​による​フリント​石器​や​道具​の​製作​活動​の​痕跡​により、​Texas Historical Commission​記録​地区​として​認め​ら​れ​てい​ます。

リサイクル​と​廃棄物

従業​員​1​人​あたり​の​廃棄​物​の​発生​量​と​リサイクル率

発生​した​廃棄​物量​の​合計​(kg)

地域 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
南北​アメリカ 295,789 299,014 236,817 255,325 256,688
アジア​太平洋 262,263 361,196 207,983 192,942 266,972
ヨーロッパ 316,331 355,560 560,737 465,948 472,516
合計 874,383 1,015,770 1,005,537 914,215 996,176

 

2015​年​は、​南北​アメリカ​の​1​つ​の​所在地​で​廃棄​物​合計​を​入手​でき​ま​せん​で​した。​この​ため、​同年​の​当該​所在地​の​合計​量​に​は、​有害​廃棄​物、​電子​廃棄​物、​プラスチック​包装​廃棄​物​が​含​まれ​てい​ま​せん。