計測器ドライバをインストールする

本ページの内容

LabVIEW計測器ドライバファインダ(IDFinder)を使用すると、接続されている計測器をLabVIEWが自動的に認識して、それに対応するプログラミング用のドライバライブラリをインストールし、アプリケーションサンプルを立ち上げることで通信を確認するので、計測器制御アプリケーションの開発にかかる時間を短縮できます。

計測器ドライバをインストールするとアプリケーションサンプルが生成されます。LabVIEWユーザはこのテンプレートをカスタム化して、独自のテストアプリケーションを作成することもできます。

Measurement & Automation Explorer(MAX)からIDFinderにアクセスする

MAXから直接、IDFinderを起動して、接続されている計測器と互換性のある計測器ドライバをダウンロードできます。

ウィンドウの左側にある構成ツリーから計測器をクリックします。ご使用の計測器が表示されない場合、計測器が正しく接続されていることを確認してください。計測器を選択すると、ウィンドウの中央の下部に「計測器ドライバの検索とダウンロード」というセクションが表示されます。

図1. MAXから計測器ドライバファインダにアクセスする

計測器制御アプリケーションの開発に使用するLabVIEWのバージョンを選択します。マシンに現在インストールされているLabVIEWのバージョンのみ選択できます。適切なバージョンを選択したら、「参照」ボタンをクリックして計測器ドライバファインダを起動します。

計測器ドライバファインダのウィンドウが開いたら、「ログイン」ボタンをクリックしてNIユーザプロファイルにログインします。まだアカウントがない場合は、手順に従ってアカウントを設定します。ユーザプロファイルアカウントの作成は無料です。アカウントがあると、NIが提供する数多くの計測器ドライバや、ni.comにある貴重な開発関連の情報などをダウンロードできます。

図2. ユーザプロファイルアカウントにログインする

スキャン、認識、インストール

次に、「計測器のスキャン」ボタンをクリックします。これにより、マシンのポートに接続されている全ての計測器がスキャンされます。認識された計測器は、計測器ドライバファインダウィンドウの左側にあるツリーに表示されます。計測器ドライバを検索する計測器をダブルクリックすると、その計測器の情報が検索フィールドに自動的に入力されます。

図3. 計測器をスキャン

検索をクリックして、計測器ドライバを検索します。計測器に対応する計測器ドライバのリストが表示されます。ウィンドウの右側には計測器ドライバの情報が表示されます。この情報には、サポートされるADE、モデル、バス、およびOS、ユーザによるドライバの評価、およびドライバでサポートされる最も古いソフトウェアバージョンが含まれます。ダウンロードするドライバをクリックして、インストールをクリックします。

図4. 計測器ドライバをインストールする

計測器ドライバを使用する

最も迅速かつ簡単に測定を行うには、計測器ドライバに組み込まれたサンプルを使用します。サンプルをダブルクリックして、LabVIEWでサンプルを開きます。このチュートリアルでは、Acquire Waveform.viサンプルが選択されています。

図5. サンプルを使用する

ドロップダウンメニューから、MAXで計測器に指定したVISAエイリアス(ハードウェアを接続/設定するを参照)を選択し、必要に応じて制御要素を調整した後、フロントパネルの上部にある「実行」ボタンをクリックしてVIを実行します。

図6. Acquire Waveform.viでVISAリソース名(エイリアス)を選択する

計測器ドライバパレットを参照する

「ファイル」→「新規VI」を選択してブランクVIを開きます。計測器ドライバで提供されている全ての関数がパレットに表示されます。パレットにアクセスするには、LabVIEWブロックダイアグラム(白の背景色の開発ウィンドウ)に切り替え、白い部分を右クリックして関数パレットを開き、計測器I/O→計測器ドライバに移動して、インストールしたドライバを確認します。

図7. 計測器ドライバパレットに移動する

多くの計測器ドライバには、VI Treeが含まれています。VI Treeにアクセスすると、その計測器ドライバに含まれる全てのVIをグループ化した表が表示されます。VI Treeを開くには、VI Treeアイコンをクリックしてブロックダイアグラムにドラッグした後、アイコンをダブルクリックします。VIのフロントパネルが表示されますが、表を表示するにはブロックダイアグラムにアクセスする必要があります。<Ctrl-E>を押して、「VI Tree」VIのブロックダイアグラムを開きます。

図8. Tektronix TDS 200 1000 2000 VI Tree

<Ctrl-H>を押して詳細ヘルプウィンドウを開き、VIにマウスを合わせて詳細な情報を表示します。このVI Treeを使用することにより、LabVIEW開発環境におけるVIのグループを理解しやすくなります。これは、LabVIEWでの開発を効率化、および測定時間や解析時間を短縮化する上で役立ちます。

まとめ

計測器ドライバは、構成と測定に必要な低レベルコマンドを、初期化、リセット、波形の読み取りなどの高レベル関数に統合するソフトウェアです。計測器ライブラリは、計測器制御を簡素化するため、計測器による測定方法を詳しく習得することなく、測定、テストアプリケーション開発、決定事項などに時間を費やすことができます。弊社では、ユーザのリクエストによる最も使用されている計測器ドライバを取り揃えています。計測器ドライバの追加および詳細については、計測器ドライバネットワークを参照してください。

その他の環境(LabWindows™/CVI、ANSI C、.NET)のユーザ

このタスクを実行するには、以下のチュートリアルビデオを使用してください。

LabWindows™/CVI™

ANSI C

  1. 設定
  2. ダウンロードと構成

.NET

  1. 設定
  2. ダウンロードと構成

The mark LabWindows is used under a license from Microsoft Corporation.Windows is a registered trademark of Microsoft Corporation in the United States and other countries.

前へソフトウェアをインストールする
LabVIEWの基礎を学習する次へ