LabVIEWの概要

この技術マニュアルでは、LabVIEWで基本的なシステムを作成するのに必要な概念を説明します。新しいユーザは、最初のアプリケーションを作成する前に、開発環境の使用、操作に必要な基本的ツールや概念を多少の時間を費やして学習することをお勧めします。

LabVIEW NXGを使用している場合は、LabVIEW NXGを起動し、「学習」タブの対話式レッスンを使用してプログラミングの基礎を習得してください。

LabVIEWの基本概念

  1. LabVIEW環境の基本―フロントパネル、ブロックダイアグラム、パレット、制御器、表示器など、LabVIEWアプリケーションにとって最も重要な構成要素について解説します
  2. グラフィカルプログラミングの基本―アプリケーションを構築するにあたって、関数の接続方法やさまざまなデータタイプの処理方法を見ていきます
  3. 一般的なツール―全てのユーザが知っておくべき、重要なツールと一般的なユーザ関数の集合を見ていきます
  4. デバッグツール―コードの挙動を理解したり、問題やバグを解決するための簡単なツールや技法の使用方法を学習します

LabVIEWを使用したプログラミング

  1. データストラクチャ―配列、クラスタ、列挙体データ
  2. 実行ストラクチャ―Whileループ、Forループ、ケースストラクチャ
  3. ループ反復間でのデータの受け渡し―シフトレジスタ
  4. エラー処理―エラー処理とエラークラスタ

サンプルの検索とヘルプ

  1. サンプルの検索 ― サンプルファインダとni.com/code
  2. 『LabVIEWヘルプ』を使用する―詳細ヘルプと『LabVIEWヘルプ』
  3. オンラインヘルプのリソース―技術サポートデータベースとフォーラム
  4. その他のアシスタンス―LabVIEWエキスパートのサポート

新しい方法でLabVIEWの基礎を学習する

新しい対話形式の方法で、LabVIEWの基礎を学習しましょう。

学習を始める