目次

2D補間分散 (Gデータフロー)

バージョン:
    最終変更日: 2017年4月14日

    分散するポイントに対して2D補間を実行します。

    このノードは2つの独立変数と1つの従属変数を受け取り、独立変数の各位置に対応する補間値を返します。

    connector_pane_image
    datatype_icon

    メソッド

    補間方法です。

    名前 説明
    最短 0

    最短ポイント(平滑化なし)に対して補間を行います。この方法では、(xi, yi)に最も近いポイントを特定し、Zの対応する値をziに割り当てます。

    線形 1

    選択した三角形(平滑化なし)に対して線形補間を行います。このメソッドは、三角形の内部の点に対し、(X, Y)の凸包を三角形に分割し、ziを補間します。(xi, yi) は、(X, Y)の凸包の内部でのみ有効です。それ以外の場合、このノードはNaNを返します。

    3次 2

    選択した三角形(平滑化)に対して3次補間を行います。このメソッドは、三角形の内部の点に対し、(X, Y)の凸包を三角形に分割し、ziを補間します。(xi, yi) は、(X, Y)の凸包の内部でのみ有効です。それ以外の場合、このノードはNaNを返します。

    重調和スプライン 3

    重調和スプライン補間(平滑化)を行います。このメソッドは、グリーン関数によって2D重調和スプライン補間を計算します。

    デフォルト: 線形

    datatype_icon

    Z

    既知のポイントの値です。

    XYZのサイズは同じでなければなりません。

    datatype_icon

    X

    既知のポイントのX座標です。

    XYZのサイズは同じでなければなりません。

    datatype_icon

    Y

    既知のポイントのY座標です。

    XYZのサイズは同じでなければなりません。

    datatype_icon

    エラー入力

    このノードの実行前に発生したエラー状態です。

    ノードは標準エラー動作に基づいてこの入力に応答します。

    標準エラー動作

    多くのノードにはエラー入力およびエラー出力があるため、ノードはコードの実行中に発生したエラーに応答したり、それを報告したりできます。エラー入力の値は、エラーがノードの実行前に発生したかどうかを指定します。大部分のノードはエラー入力の値に標準の予測可能な方法で応答します。

    エラー入力にエラーがある エラー入力にエラーがない
    ノードの実行前にエラーが発生しなかった場合は、ノードは通常どおりに実行を開始します。

    ノードの実行中にエラーが発生しなかった場合は、エラーは返されません。ノードの実行中にエラーが発生した場合は、エラー出力としてエラー情報が返されます。

    ノードの実行前にエラーが発生した場合は、ノードは実行されません。代わりに、エラー入力値をエラー出力として返します。

    デフォルト: エラーなし

    datatype_icon

    xi

    ノードがziにおける補間値を計算する新しいポイントのX座標です。

    datatype_icon

    yi

    yiにおける補間値を計算する新しいポイントのy座標です。 yiのサイズは、xiのサイズと等しくなければなりません。

    datatype_icon

    zi

    xiyiの値に対応する新しいポイントの補間値です。

    datatype_icon

    エラー出力

    エラー情報です。

    ノードは標準エラー動作に基づいてこの出力を生成します。

    標準エラー動作

    多くのノードにはエラー入力およびエラー出力があるため、ノードはコードの実行中に発生したエラーに応答したり、それを報告したりできます。エラー入力の値は、エラーがノードの実行前に発生したかどうかを指定します。大部分のノードはエラー入力の値に標準の予測可能な方法で応答します。

    エラー入力にエラーがある エラー入力にエラーがない
    ノードの実行前にエラーが発生しなかった場合は、ノードは通常どおりに実行を開始します。

    ノードの実行中にエラーが発生しなかった場合は、エラーは返されません。ノードの実行中にエラーが発生した場合は、エラー出力としてエラー情報が返されます。

    ノードの実行前にエラーが発生した場合は、ノードは実行されません。代わりに、エラー入力値をエラー出力として返します。

    このノードの実行可能場所:

    デスクトップOS: Windows

    FPGA: この製品は、FPGAデバイスをサポートしていません


    最近閲覧されたトピック