目次

フォーミュラ解析 (マルチ変数配列) (Gデータフロー)

バージョン:
    最終変更日: 2017年4月14日

    複数の任意のn次元ポイントにおける関数の値を計算します。

    connector_pane_image
    datatype_icon

    フォーミュラ

    計算するn次元関数です。 フォーミュラには任意の数の有効な変数を含めることができます。

    有効な変数を入力する

    このノードは、「変数は文字またはアンダースコアから始まり、その後には任意の数の英数字またはアンダースコアを使用できる」という形式ルールを使用する変数を受け付けます。

    datatype_icon

    x値

    x値の2D配列です。

    配列のi番目の行には、n次関数のi番目の変数の固定値が含まれています。配列の他の次元は、このノードが関数値を計算するn次元のポイントを示します。

    datatype_icon

    変数

    n次元の独立した項目の変数名です。

    datatype_icon

    エラー入力

    このノードの実行前に発生したエラー状態です。

    ノードは標準エラー動作に基づいてこの入力に応答します。

    標準エラー動作

    多くのノードにはエラー入力およびエラー出力があるため、ノードはコードの実行中に発生したエラーに応答したり、それを報告したりできます。エラー入力の値は、エラーがノードの実行前に発生したかどうかを指定します。大部分のノードはエラー入力の値に標準の予測可能な方法で応答します。

    エラー入力にエラーがある エラー入力にエラーがない
    ノードの実行前にエラーが発生しなかった場合は、ノードは通常どおりに実行を開始します。

    ノードの実行中にエラーが発生しなかった場合は、エラーは返されません。ノードの実行中にエラーが発生した場合は、エラー出力としてエラー情報が返されます。

    ノードの実行前にエラーが発生した場合は、ノードは実行されません。代わりに、エラー入力値をエラー出力として返します。

    デフォルト: エラーなし

    datatype_icon

    y値

    計算された関数値です。 y値の各要素はx値の対応する列に対応します。

    y値を計算するためのアルゴリズム

    このノードは、以下の式を使用してy値を計算します。

    yi = f(x1i, x2i, …, xni)

    ここで、

    • nはポイントセットの次元数
    • fは公式で指定されたn次関数
    • x1, x2, …, xnn個の独立した変数
    datatype_icon

    エラー出力

    エラー情報です。

    ノードは標準エラー動作に基づいてこの出力を生成します。

    標準エラー動作

    多くのノードにはエラー入力およびエラー出力があるため、ノードはコードの実行中に発生したエラーに応答したり、それを報告したりできます。エラー入力の値は、エラーがノードの実行前に発生したかどうかを指定します。大部分のノードはエラー入力の値に標準の予測可能な方法で応答します。

    エラー入力にエラーがある エラー入力にエラーがない
    ノードの実行前にエラーが発生しなかった場合は、ノードは通常どおりに実行を開始します。

    ノードの実行中にエラーが発生しなかった場合は、エラーは返されません。ノードの実行中にエラーが発生した場合は、エラー出力としてエラー情報が返されます。

    ノードの実行前にエラーが発生した場合は、ノードは実行されません。代わりに、エラー入力値をエラー出力として返します。

    以下の表は、このノードの入力と出力の例を示しています。

    フォーミュラ x値 変数 y値
    3 * x1 + 4 * x2 + x3 ^ 2 [1, 0; -1, 4; 2, 1] [x1, x2, x3] [3,17]
    spd-note-note
    メモ  

    x値では、[1, -1, 2]は、最初の反復時の[x1, x2, x3]の値です。2回目の反復時の値は[0, 4, 1]です。

    このノードの実行可能場所:

    デスクトップOS: Windows

    FPGA: この製品は、FPGAデバイスをサポートしていません


    最近閲覧されたトピック